東進ドットコム  >  東進衛星予備校  >  校舎案内  >  福岡天神校

東進衛星予備校
福岡天神校

住所

〒810-0021 福岡県 福岡市 中央区今泉1-11-12英進館総本部ビル

現役合格実績[2021年]
1日体験
大学入試問題過去問データベース
合格体験記2021
資料請求

アクセス

※QRコードを読み込ませると校舎の地図が表示されます。

九州工業大

136

福岡教育大

71

北九州市立大

118

福岡女子大

22

熊本大

251

熊本県立大

36

佐賀大

125

大分大

83

長崎大

179

長崎県立大

54

鹿児島大

131

琉球大

118

宮崎大

84

山口大

283

下関市立大

46

昨対+260

旧七帝大+東工大/一橋大

3,868

東京大

816

京都大

461

北海道大

396

東北大

327

名古屋大

381

大阪大

644

九州大

476

東京工業大

174

一橋大

193

  私立大学

早慶

5,193

早稲田大

3,201

慶應義塾大

1,992

上理明青立法中

18,684

上智大

1,314

東京理科大

2,441

明治大

4,555

青山学院大

1,943

立教大

2,464

法政大

3,170

中央大

2,797

西南学院大

637

福岡大

1,264

※2021年の東進の現役合格実績は、東進ネットワーク生(東進ハイスクール・東進衛星予備校・早稲田塾)の現役生のみ、高3時在籍者のみの合同実績です。
※高卒生や講習生は含みません。以上が東進の合格実績計上の基準です。
※東進リーダー塾 東大特進コースは2018年7月より東進ハイスクールに統合されました。
※掲載の合格実績は、全国の合格実績の総計です。

合格実績をもっと見る  ▼
資料請求

合格した先輩たちの体験記(福岡天神校)

諦めずに努力することが大切
生徒

九州大学
医学部
吉田典央さん
西南学院高等学校

私が受験を本格的に開始したのは、高校二年生の12月でした。そのときの共通テストの点数は志望校に届くような点数では全くなく、その状態が1年間ずっと続いていました。私は国立大学1本で勝負する予定だったため、落ちたら浪人という恐怖があり、ずっと焦っていました。

東進の先生との面談で自分の苦手な科目を中心に受講計画や勉強の計画を立て、勉強すれば合格できると思いながら勉強しました。私の成績が上がったのは、志望校別単元ジャンル演習講座と共通テスト10年分の演習を平行して何度も何度も解き直しをしたことだと思います。1回目、2回目、3回目と実施することで点数が上がるのをとても実感しました。

また、東進模試の復習を何度も行ったことも成績の向上に繋がったと感じます。私は共通テストの1ヶ月前このままでは絶対に合格する点数は取れないと多くの人に言われていましたが、本番まで必死に頑張り、ギリギリ挑戦できるぐらいの点数を出すことが出来ました。またその後、私は二次試験の1ヶ月前まで1回も九州大学の過去問を解いたことがないため、絶対に合格できないと言われてしました。そこで、九州大学二次過去問演習講座をとり、受講をして自分の苦手を探りながら勉強をしました。

しかし、本番で私は苦手な英語が全く読めず、頭が真っ白になりました。配点が大きいためここで点数が取れなければならないのに、終始分からない状態で試験時間は終了しました。でも、絶対に諦めていけないと思い、2日目に臨みました。このように私は、1年間諦めずに、浪人してしまうかもしれない恐怖と戦いながら勉強してきました。本当に諦めずに努力することが大切なのだと受験から教わりました。みなさんも諦めずに頑張ってください。
正しい場所で、正しい方向を向いて、十分な量なされた努力をすること
生徒

早稲田大学
国際教養学部
中島詩織さん
筑紫女学園高等学校

私は高校入試で修猷館高校に落ちました。当時の私は、十分な努力していたと思っていたため、努力は報われないものなのかと思いました。しかし、大学入試を通して、正しい努力、林先生の言葉を借りると「正しい場所で、正しい方向を向いて、十分な量なされた努力」を行うことができれば物事を達成できると感じることができました。正しい努力をするためには、取捨選択を行うことが肝心だと思います。私の場合、合格のために必要な取捨選択とは、東進最優先で生活し、その他を切り捨てることでした。なぜなら、東進で勉強することが、限られた時間の中で合格に近づくための最も有効な手段だと思ったからです。

ここからは林先生の言葉を借りて具体的な内容を挙げます。まず正しい場所についてです。これはもちろん東進でした。私は、放課後に東進に通う際、授業にしっかり集中するできる状態であることが望ましいと思ったため、学校で東進の授業に備えた準備(予習復習など)を行っていました。

次に正しい方向についてです。まず、私の志望校は英語の配点が大きく、高い英語力を身に着ける必要がありました。そのため、ほかの科目よりも英語を重点的に勉強しました。具体的には音読を、受験基盤にはテキストの文章を暗記するほど行いました。(一日一時間)。理由は東進のプロの先生方が音読を熱心に勧めるからです。また、英検準一級の英単語覚えました。それは早稲田合格に最低限必要な知識だからです。その他は、志望校の出題傾向に似た他学部、他大学の問題を探して解きました。出題形式に慣れ、解き方を身に着けるためです。

最後に、十分な量についてです。実行したことはただ一つ、東進に毎日登校することです。理由は家では絶対に十分な学習量を確保できないからです。平日は放課後、休日は開館時間から閉館時間まで勉強しました。早いうちから長時間勉強する習慣を身につけておけば、高三になっても焦らず落ち着いて受験勉強に取り組めます。このように私は、高校生活の全てを勉強に注いだおかげで、志望校に合格することができました。しかし、これができたのは、東進へ通わせてくれた両親、勉強する環境が整った天神校、声掛けをしてくれた担任助手の方や、そして最後に三年間私を信じて支えてくれた担任の先生のおかげです。本当にありがとうございました。
強い意志をもって辛くても諦めずに勉強し続けることが、何よりも大事なこと
生徒

法政大学
デザイン工学部
山口颯太くん
西南学院高等学校

僕が大学受験を通して学んだことは、率直になることです。 僕は高校3年になり部活動を引退するまで、受験勉強を一切していませんでした。高校3年の8月ごろになり、僕は指定校推薦を選ぶか、受験をするか2択で、受験をするという選択をしました。もちろん父親を除く家族や友達を含めたすべての人に反対されました。友達からは「なんで指定校とらんやったん、あほやろー」とまで言われました。しかし、僕は、絶対に受験で有名大学に行ってやるという強い思いと強い自信があったので、受験をすること選びました。

しかし、その強い思いや強い自信は徐々に無くなっていきます。僕は大学受験をナメていました。いざ受験勉強を始めてみると、高校受験の時はするすると上がっていった成績は、思ったほど上がりませんでした。それと同時に不安と焦りもでてきてどうしようもなくなったので、死ぬほど勉強することにしました。死ぬほど勉強をしたので物理と英語の成績がかなり上がりました。そこで一安心をして中央大学の過去問を解いてみると全く解けずに絶望しました。ここにきて本当に何をすればいいのか全くわからなくなったので、それぞれの教科をどのように勉強したら良いかをグループ・ミーティングの時に担任の先生に聞きました。そして僕はその後、担任の先生が言ったとおりの勉強をしました。

担任の先生が言った通りの勉強をしていると、いつのまにか過去問でかなり良い点数をとれるようになってきました。そして、いつのまにか法政大学にうかっていました。 いくら担任の先生が言った勉強方法が正しくても、自分自身が必死に勉強しなければ意味がないので、受験するぐらいなら甘い気持ちで臨むべきではないと思います。強い意志をもって辛くても諦めずに勉強し続けることが何よりも大事なことだと思います。

高速マスター基礎力養成講座の英単語は通学時間やスキマ時間の間にするのをおすすめします。個人的なやり方ですが、東進の過去問を解くときには、まずは普通に解いてみて間違えたところやわからなかったところを、ノートにいつでも見直せるとようにポイントをおさえて書いておくとよいと思います。過去問は3周ぐらいする勢いで挑みましょう。

最後に、教科別にどのような勉強すればよいか聞くときには、友人や知り合いの先輩などに相談するのではなく、何人もの受験生を見てきたプロの指導者(東進の先生)に聞くべきです。そうすれば合格できる事間違いないです。
やり直しを徹底し、志望校に合格
生徒

福岡教育大学
教育学部
里栞菜さん
筑紫女学園高等学校

私は、高校一年生の冬に東進に入学しました。高校一年生の時に学んだ事がほとんど身についていないと感じ、早く学習に取り組もうと決意したことがきっかけでした。

私は東進に通い始めてから、学習習慣を身につけることが出来ました。「学校が終わったら、そのまま東進へ行って勉強をする」という習慣は、受験生になった時に長時間勉強するにあたって大いに役立ちました。

また、担任助手の先生方がグループ・ミーティングや質問対応、登下校の際に毎日声掛けして下さった事が心の支えとなり、前向きに勉強に取り組むことが出来ました。

私が東進で最も活用したのは、志望校別単元ジャンル演習講座です。この講座は東進で受験した模試や通期講座の修了判定テスト結果を基に分析された、一人一人の苦手な分野を集中的に勉強できる講座です。自分の苦手分野の問題を他の受験生よりも多く触れておくことは、本番の自信に繋がりました。

そしてもう一つよく活用したのは、東進模試の解説授業です。東進の模試は受験当日の夜に解説授業をウェブ上で視聴することが出来ます。模試を受けたら早いうちに解説授業を視聴し、分からない所を担任助手の先生に聞くことで、毎回の模試の復習を効率良く行うことが出来ました。

このように、私は東進の受講や模試やり直しのツールなどを活用して、合格することが出来ました。共に頑張る仲間や、いつも応援して下さる先生方がいる東進で受験勉強を行うことで、辛い事も悔しい事も乗り越える事が絶対に出来ます。みなさん、自分の志望校合格に向けて、諦めずに頑張って下さい。
東進の講座を受け、苦手な理科ができるようになった
生徒

福岡大学
医学部
金本陽香さん
久留米大学附設高等学校

私は理系であるにも関わらず、自他ともに認める理数系嫌いでした。特に理科は高二の時点では問題集を答えを見ずには全く解けない程でした。どの分野が苦手かすらもよく分からなかった私はもう一度一から全て時間をかけて理解し直すことにしました。そこで役に立ったのは東進のスタンダード化学とスタンダード物理の受講です。このシリーズは理科の全ての範囲が詳しく分かり易く書かれているので、とても助かりました。この授業の中で先生が口頭で言ったこともテキストにびっちりと書き込み、ぼんやりしていた理科の知識を正しく定着し直しました。問題集を解くときもすぐに答えを見るのではなく、東進のテキストの同じ単元の場所を読み直し、もう一度自力で考えてみるという工程を取り入れました。この方法は時間がかかりますが確実に点が上がります。

そしてもう一つ役に立ったのは共通テストの過去問演習講座です。この講座は点数を入力することで自分の点数の推移が明確になることと苦手な分野を見つけ出してそこだけ復習ができる機能があることがとても大きな利点です。解説もとても分かり易いです。

また、通学時間などの空き時間に高速マスター基礎力養成講座で英単語を復習することをおすすめします。公共交通機関内などの人混みの中で参考書を開くのは大変ですが、スマホなら簡単に扱うことが出来るので空き時間を有効に勉強に利用できます。

このように、私は東進の受講や過去問演習講座、高速マスターなどを利用して、毎日閉館まで東進に通い、福岡大学医学部医学科合格を手にすることが出来ました。努力の結果はすぐに出るわけではないですが、秋以降に少しずつ実感できると思います。成績を上げるのは苦しいですが諦めずに頑張ってください。
受験がうまくいくかは自分次第
生徒

福岡大学
商学部
河上裕菜さん
福岡中央高等学校

私は大学受験を通して、一番の敵は自分だと思いました。高校一、二年生の頃、部活動をしていたこともあり、家に帰るとすぐに寝てしまったり、勉強は課題を終わらせるだけになってしまったりなどという生活を送っていました。自分でもそれが良くはない事だとわかっていましたが、自分に対する甘えが勝ってしまいました。そこで私は東進に通うことを決めました。自分一人だと自分を甘やかしてしまっていたのですが、他の人たちが勉強している姿を見て、すごく刺激を受けました。他の人が頑張っていたから、自分も頑張らないといけないなと思うようになり、勉強に取り組むようになりました。

また、東進の先生方が声をかけてくださったことも大きな励みになりました。分からないところを聞きに行くと教えてくださったり、勉強方法を教えてくださったりなど様々なところでサポートしてもらっていたことは、私にはとても大きかったです。

受験生活を送るなかで、きついことや大変なこともたくさんありました。模試での点数が上がらなかったり、勉強ばかりの生活でモチベーションが下がったりもしました。友人と遊んだり、テレビを見たりしたいなどという気持ちもありました。でも、そこで勉強するかしないか自分が決めることで、その気持ちに打ち勝つことができるかも自分次第だと感じました。

私が無事大学受験を終えることができたのは、周りの友人や家族や先生方などの支えがあったからだと心の奥底から思っています。これからも周りの人への感謝を忘れず、さまざまなことに挑戦し、頑張りたいです。
悩んだときは一人で抱え込まないこと
生徒

福岡大学
薬学部
吉田祥子さん
筑紫女学園高等学校

私が東進に入学したのは二年生の冬でした。東進に入ったきっかけは英語が壊滅的だったからです。二月に初めて受験した共通テスト本番レベル模試で29点をとり、両親も私も青ざめ、直ぐに入学を決めました。受講を始めてから少しずつ英語が出来るようになり、毎日東進に通って勉強する習慣もつき始めました。

しかし、高二の冬まで勉強に真剣に取り組んでこなかった私と他の受験生との差は一目瞭然でした。国公立を第一志望にしていましたが成績や判定を見ても到底合格できると思えず…だからといって学費のことを考えると私立だけを受験するとも両親に言えず…というループにはまり、周りが進路を決めて着々と勉強を進める中で焦っていました。そんな時に力になっていただいたのは東進の先生方です。担任助手の方には、何度も進路の悩みを聞いて頂き、いつも私を励まして下さりました。担任の先生には、三者面談を通して両親に私の意見を発言する場を作って頂き、進路を決定する手助けをしてもらいました。あの三者面談がなかったならば、きっと今、合格体験記を書くこともなかっただろう、と思います。本当に感謝しています。

高三の夏に志望校を決定してから数学・英語・化学の三教科を徹底的に勉強しました。その時に役立ったのが志望校別単元ジャンル演習講座です。私は特に英文法が苦手だったので、AIに指定された単元のレベルの二つ上まで全ての問題を解くようにしていました。例えば、時制のレベル5を指定された時は、レベル3からレベル7までの全ての問題を目標点に届くまで繰り返し解きました。志望校よりも難しい問題を解くことで過去問で解けない問題に向き合う時も。冷静になれたので良かったです。

また、志望校を決めた時に、一緒に推薦入試を受験することを決めました。私の志望校の推薦入試では英語・数学二教科60分の学科試験と面接があり、合格すると年内に進路を決めることが出来ます。十月からは単元ジャンル演習と並行して何度も過去問を解き、分からないところが見つかる度に東進の先生に質問に行きました。入試の直前の定期テストはどの教科も赤点スレスレでしたが、無事に推薦で合格し、早めに進路を決定できたので本当に良かったと思っています。

私が自分の受験を終えて皆さんに一番伝えたいことは一人で抱え込まないことです。皆さんの周りには家族・友達、学校や東進の先生方など、皆さんの合格を願い支えてくれる人が沢山います。少しでも悩んだり行き詰ったりした時は、誰でもいいので周囲の人に相談して下さい。そうすることで、一人で悩んでいるよりもずっと気持ちが軽くなります。沢山悩んで、少しずつ乗り越えながら合格を掴んでください。応援しています。そして今まで本当にありがとうございました。
話題の東進CM公開中!
東進広告ギャラリー
東進 イベント報告ページ
東進は様々なイベントを実施しています。
AO入試・推薦入試の基礎知識
合格の可能性を広げよう!
高校生の悩み解決サイト
高校生の悩み解決サイト
東進の公立高校入試解答続々公開中!
東進の公立高校入試解答続々公開中!
東大を目指す高校生必見!
東大を目指す高校生必見!
受験生応援プレゼント
東進から勉強を頑張る高校生・中学生へ
今週のQ&A

校舎の天気

福岡天神校の天気情報

<今日の天気>

天気アイコン
最高 / 最低
28℃ / 22
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) 60% 50% 70% 90%

<明日の天気>

天気アイコン
雨時々止む
最高 / 最低
24℃ / 19
時間(時) 0-6 6-12 12-18 18-24
降水確率(%) 80% 80% 60% 80%
※ この情報は毎日5:00、11:00、17:00に更新されます。
天気