東進SNS公式アカウント
永瀬昭幸 理事長インタビュー全国統一テスト企業案内サイトマップニュースリリース
数学オリンピック 生物学オリンピック 地理オリンピック 地学オリンピック
東進ドットコムトップページ > センター試験解答速報2018 > 英語学習アドバイス
トップヘ戻る。 センター速報 学習アドバイス

センター試験の英語では、1発音・アクセント、2文法・語法、3英作文、4口語コミュニケーション、5、6英文読解という6つの大問において、これまで得た英語の知識、読解力、情報処理力を総動員し、得点をとることが求められます。80分という限られた時間内で高い得点をとる為には、基礎力である語彙・文法を完全な知識として身につけた上で、読解力を鍛えることが必要です。こうした力はすぐに身に付くものではなく、普段から英語を日常生活の中で「読み・書き・聞き・話す」時間を出来る限り増やすことで総合的な英語の力を高め、実際に使う練習を多く積むことが必要です。盤石な基礎力を身につけた上で、何度も予行演習を繰り返すことで、センター試験本番で結果をだすことができるのです。来年度以降で問題構成が変更されても、どんな問題にも対応できる確実な英語力を養いましょう。以下、分野ごとの対策を参考にしてください。
(1)発音・アクセント
大問1はセンター試験の問題の中でも比較的正答率の低い大問です。対策としては、ネイティブ音声教材を最大限活用して、耳を使って覚えることを習慣化しましょう。英単語を暗記する際には、ネイティブ音声教材を聴いて聞こえた音と同じように音読をし、単語の意味はもちろん、正しい発音やアクセントも一緒に覚えましょう。また、この分野では発音・アクセントのパターンを知ることも効果的です。発音・アクセントに特化した市販の問題集を一冊解き、パターンを体得することもよいでしょう。
(2)文法・語法
文法・語法問題については、英語の基礎力を試す問題が万遍なく出題されます。対策が比較的おろそかになりがちなのが、単語・熟語・類語の用法など語彙や語法に関する分野です。センター試験では、語法に関する問題が文法と同程度かそれ以上の比重で出題されるということをしっかり認識して、日頃から語彙力・語法の強化に努めましょう。
(3)会話文
整序英作文の形式では語法・文法の知識を正しく運用する力が試されます。日頃から英文の構造(主語・述語・修飾関係など)に注意をして英文を読むことが大切です。長文読解問題で出てきた長文においても、語句と語句の繋がりを意識し、その組み合わせの中でも頻出のものから頭に入れて、音読練習を行いましょう。また、空所補充形式では、各発言から必要な情報を読み取り、そこから何が言えるかを導き出すことが必要です。センター試験の過去問などをたくさん解き、問題形式に慣れておきましょう。
(4)英文読解
センター試験では、制限時間内で多くの英文を読み解く力が求められます。センター試験の英文には難解な語彙や構文は出されませんが、制限時間内で正確に文章を読み問題を解く速読速解力を高める訓練が必要です。語句や表現の意味が問われる問題では、文脈からその意味を推測する力が試されます。また、図表が出題される問題では、表やグラフを読み取り、その情報と説明文を結びつけて答える情報処理能力が求められます。論説文における読解では、パラグラフごとのテーマを把握し、その論理展開を見抜く力を養うことが重要です。今回新傾向の日誌調の文章読解では、必要な情報や時間・場面の展開、筆者の考え等をつかみ、各パートごと・文章全体の主旨を導き出すことがポイントとなるでしょう。これらの力を身につける為には内容を理解した英文を音読することを習慣化し、英語の語順で文章の内容を理解する力をつけることや、普段から段落やパートごとの主旨を簡潔にまとめる訓練を積んでおくことで、読解力が養われます。学力の伸びを確認するには、全国統一高校生テストを含めて年6回実施される東進のセンター試験本番レベル模試を活用して、弱点の発見とその補強に努めましょう。センター試験の過去問等で本番直前まで繰り返し演習量を積み、目標点に近付くよう継続して学習を進めていきましょう。

第3問は対話文完成問題がなくなり配点が減少。第2問と第4問で配点が増加した。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加 
設問数
減少 | 変化なし | 増加 
マーク数
減少 | 変化なし | 増加 
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化 

 大問数は6題で変化はなかったが、形式や配点に一部に変化があった。
 形式面では、昨年までの第3問A(対話文中の空所補充問題)の出題がなくなり、第3問はA(不要な文の選択)、B(意見内容の要約)の2パート構成に減少した。一方、第4問B(説明文書などの読み取り)では設問数が1つ増加した。大問配点の増減は、第2問(+3点)、第3問(−8点)、第4問(+5点)であった。
 内容面では、昨年までの第3問Aの会話文の要素は、第2問Cに統合された形で配点が増えたと言える。また、昨年・一昨年と物語文が出題された第5問は、今年は惑星探査の「日誌」を読み取るという出題だった。
 今年の総語数は約4080語で、ここ7年続けて4000語を超える出題となっている。第1問・第2問は、発音・文法・語法等の英語の基礎力を試す問題で、全体配点の約30%が与えられている。第3問〜第6問は全体配点の約70%を占める読解問題で、パラグラフの理解を問う基本問題から始まり、実際に英文に接する際に考えられる様々な状況を想定した理解力・運用力を問う出題となっている。具体的な出題内容は、パラグラフ理解、議論の要点整理、図表を交えた英文読解、広告文からの情報収集、物語等の文章や説明的文章の読解である。長文の語数は、第4問A(説明文)が約410語、第5問(日誌)が約660語、第6問(説明文)が約600語である。英語のパラグラフについての理解と内容の要点把握という基礎力の上に、英文のタイプに応じた読み方が求められている。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2018

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法

10

10

47

B

整序英作文

3

6

C

対話文中の英文完成

3

3

第3問

A

不要な文の選択

3

3

33

B

意見内容の要約

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

4

4

40

B

説明文書などの読み取り

4

4

第5問

小説・物語文の読解(日誌)

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

2017

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法

10

10

44

B

整序英作文

3

6

C

対話文中の英文完成

3

3

第3問

A

対話文中の空所補充

2

2

41

B

不要な文の選択

3

3

C

意見内容の要約

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

4

4

35

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

小説・物語文の読解

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

2016

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法

10

10

44

B

整序英作文

3

6

C

対話文中の英文完成

3

3

第3問

A

対話文中の空所補充

2

2

41

B

不要な文の選択

3

3

C

意見内容の要約

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

4

4

35

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

小説・物語文の読解

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

2015

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法

10

10

44

B

整序英作文

3

6

C

対話文中の英文完成

3

3

第3問

A

対話文中の空所補充

2

2

41

B

不要な文の選択

3

3

C

意見内容の要約

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

4

4

35

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

複数情報源に基づく読み取り

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

過去の平均点の推移

2017 2016 2015 2014 2013
123.73点 112.43点 116.17点 118.87点 119.15点

新高2生の皆さんにとって、センター試験の英語は未習内容も多いため難しく感じられるかもしれませんが、早期から学習と演習量を適切に積んでいけば、本番でも高得点をとることができます。英語を「読み・書き・聞き・話す」時間を日常生活の中で出来る限り増やすことで英語の力を総合的に高め、また1年生既習事項の中でまだ知識が曖昧なところはきちんと復習することで段々と得点力がついてきます。センター試験レベルの英文法や語彙は、早期のうちに文法概念の理解や知識のインプットを一通り終え、2回3回と問題演習を繰り返すことで基礎知識を確実なものにしましょう。このような学習が英語を「読み・書き・聞き・話す」力を養成していく上で大きな力となります。以下、分野ごとの対策を参考にしてください。
(1)発音・アクセント
大問1は、センター試験の問題の中でも比較的正答率の低い大問です。ネイティブ音声教材を最大限活用して、耳を使って覚えることを習慣化しましょう。また英単語を覚える際には、単語の意味だけでなく、正しい発音やアクセントを声に出して覚えるなどして、1つずつ知識を増やしていきましょう。
(2)文法・語法
高校3年生になる前に出来るだけ早く文法項目の学習を一通り終えて復習を繰り返すことで、知識を確実に身につけていきましょう。不安な点があれば、その都度参考書や辞書で調べ、知識を盤石なものにしましょう。語法については、問題演習を行う中で知識を増やしていくことが重要です。文法・語法は、継続的に学習していきましょう。
(3)会話文
整序英作文の形式では語法・文法の知識を正しく運用する力が試されます。日頃から英文の構造(主語・述語・修飾関係など)に注意をして英文を読むことが大切です。長文読解問題で出てきた長文においても、語句と語句の繋がりを意識し、その組み合わせの中でも頻出のものから頭に入れて、音読練習を行いましょう。また、空所補充形式では、各発言から必要な情報を読み取り、そこから何が言えるかを導き出すことが必要です。
(4) 英文読解
センター試験で高得点がとれない大きな要因として、問題量が多いことにより解答時間が足りず、最後まで解ききれないことが挙げられます。多くの英文を短時間で読むためには、語彙・語法・構文・文法といった基礎的な知識が必要不可欠です。基礎を固めるために、長文問題に1日1題必ず取り組むなど日々演習を重ね、その中で見えてきた知識の抜けを無くしていきましょう。また、日頃から音読練習を行うことで、英語の語順のまま英文を理解できるようにしましょう。始めは時間がかかるかもしれませんが、まずは英文の内容を正確に分かるようにして、少しずつ読み上げるスピードを上げるようにしていきましょう。
東進の「高校生レベル模試」、そして秋からは受験学年と同じ「センター試験本番レベル模試」を積極的に受験して、定期的に力試しを行いましょう。センター試験の過去問を始めとして内容を理解した英文を音読することを習慣化し、英語の語順のままで内容を理解する力をつけることで大きく英語力が養われます。総合的な英語力を高めて本番直前まで演習量を積み、目標点に少しでも近付くよう継続して学習を進めていきましょう。

第3問は対話文完成問題がなくなり配点が減少。第2問と第4問で配点が増加した。 


大問数
減少 | 変化なし | 増加 
設問数
減少 | 変化なし | 増加 
マーク数
減少 | 変化なし | 増加 
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化 

 大問数は6題で変化はなかったが、形式や配点に一部に変化があった。
 形式面では、昨年までの第3問A(対話文中の空所補充問題)の出題がなくなり、第3問はA(不要な文の選択)、B(意見内容の要約)の2パート構成に減少した。一方、第4問B(説明文書などの読み取り)では設問数が1つ増加した。大問配点の増減は、第2問(+3点)、第3問(−8点)、第4問(+5点)であった。
 内容面では、昨年までの第3問Aの会話文の要素は、第2問Cに統合された形で配点が増えたと言える。また、昨年・一昨年と物語文が出題された第5問は、今年は惑星探査の「日誌」を読み取るという出題だった。
 今年の総語数は約4080語で、ここ7年続けて4000語を超える出題となっている。第1問・第2問は、発音・文法・語法等の英語の基礎力を試す問題で、全体配点の約30%が与えられている。第3問〜第6問は全体配点の約70%を占める読解問題で、パラグラフの理解を問う基本問題から始まり、実際に英文に接する際に考えられる様々な状況を想定した理解力・運用力を問う出題となっている。具体的な出題内容は、パラグラフ理解、議論の要点整理、図表を交えた英文読解、広告文からの情報収集、物語等の文章や説明的文章の読解である。長文の語数は、第4問A(説明文)が約410語、第5問(日誌)が約660語、第6問(説明文)が約600語である。英語のパラグラフについての理解と内容の要点把握という基礎力の上に、英文のタイプに応じた読み方が求められている。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2018

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法

10

10

47

B

整序英作文

3

6

C

対話文中の英文完成

3

3

第3問

A

不要な文の選択

3

3

33

B

意見内容の要約

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

4

4

40

B

説明文書などの読み取り

4

4

第5問

小説・物語文の読解(日誌)

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

2017

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法

10

10

44

B

整序英作文

3

6

C

対話文中の英文完成

3

3

第3問

A

対話文中の空所補充

2

2

41

B

不要な文の選択

3

3

C

意見内容の要約

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

4

4

35

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

小説・物語文の読解

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

2016

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法

10

10

44

B

整序英作文

3

6

C

対話文中の英文完成

3

3

第3問

A

対話文中の空所補充

2

2

41

B

不要な文の選択

3

3

C

意見内容の要約

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

4

4

35

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

小説・物語文の読解

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

2015

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法

10

10

44

B

整序英作文

3

6

C

対話文中の英文完成

3

3

第3問

A

対話文中の空所補充

2

2

41

B

不要な文の選択

3

3

C

意見内容の要約

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

4

4

35

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

複数情報源に基づく読み取り

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

過去の平均点の推移

2017 2016 2015 2014 2013
123.73点 112.43点 116.17点 118.87点 119.15点

SNSでシェアしよう!