東進SNS公式アカウント
永瀬昭幸 理事長インタビュー全国統一テスト企業案内サイトマップニュースリリース
数学オリンピック 生物学オリンピック 地理オリンピック 地学オリンピック

センター試験解答速報2013

更新情報

20日 19:52 数学II 新2年アドバイス 公開
20日 19:50 数学II 新3年アドバイス 公開
20日 19:49 数学II 設問別分析 公開
20日 19:44 数学II 全体概観 公開
20日 19:28 数学I 設問別分析 公開
20日 19:25 数学I 新2年アドバイス 公開
20日 19:23 数学I 新3年アドバイス 公開
20日 18:33 数学I 全体概観 更新
20日 18:32 数学I 全体概観 公開
20日 18:29 数学I 全体概観 公開
20日 18:21 数学II・数学B 設問別分析 公開
20日 17:26 数学II・数学B 新2年アドバイス 公開
20日 17:26 数学II・数学B 新3年アドバイス 公開
20日 17:25 数学II・数学B 全体概観 更新
20日 16:29 数学II・数学B 全体概観 公開
20日 16:29 数学I・数学A 設問別分析 公開
20日 16:11 理科総合A 新3年アドバイス 公開
20日 16:09 物理I 新2年アドバイス 公開
20日 16:09 数学I・数学A 新2年アドバイス 公開
20日 16:05 数学I・数学A 全体概観 更新
20日 15:56 数学I・数学A 新3年アドバイス 公開
20日 15:52 物理I 新3年アドバイス 公開
20日 15:39 理科総合A 設問別分析 公開
20日 15:16 地学I 新3年アドバイス 公開
20日 15:15 地学I 新2年アドバイス 公開
20日 15:03 物理I 設問別分析 公開
20日 14:51 数学I・数学A 全体概観 公開
20日 14:38 地学I 設問別分析 公開
20日 14:26 理科総合A 全体概観 更新
20日 14:25 化学I 設問別分析 公開
20日 14:22 地学I 全体概観 更新
20日 14:10 物理I 全体概観 更新
20日 14:09 生物I 新2年アドバイス 公開
20日 14:08 生物I 新3年アドバイス 公開
20日 14:00 生物I 全体概観 更新
20日 13:59 生物I 設問別分析 公開
20日 13:56 理科総合B 新3年アドバイス 公開
20日 13:55 理科総合B 設問別分析 公開
20日 13:55 理科総合B 全体概観 更新
20日 13:47 化学I 新2年アドバイス 公開
20日 13:44 化学I 新3年アドバイス 公開
20日 13:41 化学I 全体概観 更新
20日 12:56 理科総合A 全体概観 公開
20日 12:49 理科総合B 全体概観 公開
20日 12:40 物理I 全体概観 公開
20日 12:35 化学I 全体概観 公開
20日 12:33 生物I 全体概観 公開
20日 12:24 地学I 全体概観 公開
19日 20:28 リスニング 全体概観 更新
19日 20:25 リスニング 新2年アドバイス 公開
19日 20:25 リスニング 新3年アドバイス 公開
19日 20:24 リスニング 設問別分析 公開
19日 19:13 リスニング 全体概観 公開
19日 18:55 英語 設問別分析 公開
19日 18:38 英語 全体概観 更新
19日 18:09 英語 新2年アドバイス 公開
19日 18:09 英語 新3年アドバイス 公開
19日 17:58 国語 新2年アドバイス 公開
19日 17:47 国語 新3年アドバイス 公開
19日 17:22 日本史A 新2年アドバイス 公開
19日 17:17 地理A 新2年アドバイス 公開
19日 17:17 英語 全体概観 公開
19日 17:16 地理A 新3年アドバイス 公開
19日 17:15 日本史A 新3年アドバイス 公開
19日 17:15 地理A 設問別分析 公開
19日 17:12 国語 設問別分析 公開
19日 17:08 日本史A 設問別分析 公開
19日 17:05 日本史A 全体概観 公開
19日 16:47 世界史A 新2年アドバイス 公開
19日 16:42 世界史A 新3年アドバイス 公開
19日 16:38 世界史A 全体概観 公開
19日 16:36 地理A 全体概観 公開
19日 16:34 世界史A 設問別分析 公開
19日 16:33 世界史A 全体概観 公開
19日 16:20 日本史B 設問別分析 公開
19日 15:32 国語 全体概観 公開
19日 15:26 地理B 新2年アドバイス 公開
19日 15:26 地理B 新3年アドバイス 公開
19日 15:24 地理B 設問別分析 公開
19日 15:14 政治・経済 新3年アドバイス 公開
19日 15:13 政治・経済 新2年アドバイス 公開
19日 15:10 政治・経済 全体概観 更新
19日 15:08 現代社会 全体概観 更新
19日 15:04 現代社会 新2年アドバイス 公開
19日 15:01 現代社会 新3年アドバイス 公開
19日 14:59 現代社会 設問別分析 公開
19日 14:59 政治・経済 設問別分析 公開
19日 14:53 地理B 全体概観 更新
19日 14:27 世界史B 全体概観 更新
19日 14:22 倫理、政治・経済 新2年アドバイス 公開
19日 14:21 倫理、政治・経済 新3年アドバイス 公開
19日 14:20 倫理、政治・経済 設問別分析 公開
19日 14:04 日本史B 新3年アドバイス 公開
19日 13:58 世界史B 設問別分析 公開
19日 13:52 日本史B 新2年アドバイス 公開
19日 13:42 日本史B 全体概観 更新
19日 13:34 世界史B 新3年アドバイス 公開
19日 13:33 世界史B 新2年アドバイス 公開
19日 13:31 倫理 全体概観 更新
19日 13:30 倫理 新2年アドバイス 公開

1日目解答

英語

英語 リスニング 

国語

国語 

地理歴史

世界史B 世界史A 日本史B 日本史A 地理B 地理A 

公民

現代社会 倫理 政治・経済 倫理、政治・経済

2日目解答

数学1

数学I・数学A 数学I 

数学2

数学II・数学B 数学II 

理科

物理I 化学I 生物I 地学I 理科総合A 理科総合B 
英語
全体概観

大問構成、設問数、大問配点とも昨年と同じ 


大問数
減少 | 変化なし | 増加 
設問数
減少 | 変化なし | 増加 
マーク数
減少 | 変化なし | 増加 
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化 

大問構成に変化なし。大問数、大問配点とも昨年と同じで、2010年から続いている大問構成は今年も踏襲された。全体の語数は約4200語で、全体の分量も昨年とほぼ同じである。大問は全部で6題あり、第1問、第2問は、語彙・文法・語法等の英語の基礎力を試す問題で、全体配点の 27.5% が与えられている。第3問〜第6問は、ディスカッション、広告文、説明文等のさまざまな文章を読んで解答する問題で、これらが全体配点の 72.5% を占め、実践的な読解力に比重が置かれている。マーク数の増加(+1)は、長文の段落内容を答える第6問Bで解答数が昨年の4つから5つに増えたことによるもの。その他に形式面で若干の変化が見られたのは、第1問で発音問題が4題から3題に、アクセント問題が3題から4題になった点、第3問Cで地図のイラストが用いられた点、第4問A・問3で「正しくないもの(Not true)」を選ぶ問題が出題された点、第5問・問5で4つのイラストを並べ替える問題が出題された点などがある。いずれにせよ、2010年から続いている出題傾向に大きな変化はなく、過去問をしっかり学習してきた受験生にとっては取り組みやすい問題であったといえる。

年度

大問

出題分野

設問数

マーク数

配点

2013

第1問

A

単語の発音

3

3

14

B

単語のアクセント

4

4

第2問

A

文法・語法・語彙

10

10

41

B

対話文

3

3

C

整序英作文

3

6

第3問

A

文脈による語句の意味推測

2

2

46

B

意見内容の要約

1

3

C

英文空所補充(文または文の一部を補充)

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

3

3

33

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

状況説明文に合うイラスト・英文選択

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

5

2012

第1問

A

単語の発音

4

4

14

B

単語のアクセント

3

3

第2問

A

文法・語法・語彙

10

10

41

B

対話文

3

3

C

整序英作文

3

6

第3問

A

文脈による語句の意味推測

2

2

46

B

意見内容の要約

1

3

C

英文空所補充(文または文の一部を補充)

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

3

3

33

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

状況説明文に合うイラスト・英文選択

5

5

30

第6問

A

説明的文章の読解

5

5

36

B

1

4

2011

第1問

A

単語の発音

4

4

14

B

単語のアクセント

3

3

第2問

A

文法・語法・語彙

10

10

41

B

対話文

3

3

C

整序英作文

3

6

第3問

A

文脈による語句の意味推測

2

2

46

B

意見内容の要約

1

3

C

英文空所補充(文または文の一部を補充)

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

3

3

33

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

状況説明文に合うイラスト・英文選択

5

5

30

第6問

説明的文章の読解

6

6

36

2010

第1問

A

単語の発音

4

4

14

B

単語のアクセント

3

3

第2問

A

文法・語法・語彙

10

10

41

B

対話文

3

3

C

整序英作文

3

6

第3問

A

文脈による語句の意味推測

2

2

46

B

意見内容の要約

1

3

C

英文空所補充(文または文の一部を補充)

1

3

第4問

A

図表を使った説明文読解

3

3

33

B

説明文書などの読み取り

3

3

第5問

状況説明文に合うイラスト・英文選択

5

5

30

第6問

説明的文章の読解

6

6

36


過去の平均点の推移

2012 2011 2010 2009 2008
124.15点 122.78点 118.14点 115.02点 125.26点

設問別分析
【第1問】A 単語の発音 B 単語のアクセント 
今年も例年通り発音とアクセントのみのオーソドックスな出題であった。変更点として、Aの発音問題が昨年の4問から3問へと1問減り、Bのアクセント問題が逆に3問から4問へと増えた。またBでは、昨年は「与えられた語と第一アクセントの位置が同じ語」を選ぶ問題であったが、今年は2011年度のスタイルに戻り「第一アクセントの位置がほかの三つの場合と異なるもの」を選ぶ問題となった。発音問題、アクセント問題とも基本的なレベルの出題であった。

【第2問】A 文法・語法・語彙 B 対話文 C 整序英作文
昨年からの形式上の大きな変化はなかった。Aは熟語を答えさせる問題に難しく感じられるものがいくつか見られたものの、多くは基本的な文法・語法を問う問題で取り組みやすかったと思われる。Bの会話文完成問題は、昨年同様いずれも文脈を決め手とする問題で、会話特有の決まり文句を知らなければ解けないという問題は含まれていない。Cの整序英作文は昨年同様に選択肢の数が5つで、倍数表現や関係詞、副詞・不定詞の相関表現など、文法をきちんと学習してきた受験者には解き易かったであろう。

【第3問】A 文脈による語句の意味推測 B 意見内容の要約 C 英文空所補充
Cに地図が入ったほかは形式上の大きな変更点はない。Aはここ数年続く形式で、短文中に施された下線部の語句の意味を問うものである。2問とも、下線部の語句の知識がなくても落ち着いて文脈から意味を推測すれば正答にたどりつける問題であった。Bは議論における意見内容を問う問題で、全体的な内容把握の力を試すという狙いは従来と変わらない。Cの空所補充は、インディアナ州の時間帯を示す図版が入ったものの、図版自体は読解の補助となるもので、これまでの文補充形式の問題の本質は同じと言ってよいであろう。

【第4問】A 図表を使った説明文読解 B 事務的文書などの読み取り
問題形式に大きな変化はなかった。今年のAの素材文は世界の医療事情に関する説明文である。昨年2つあった図は1つに減り、問3では本文・図とは合致しないものを選ぶ問いが出題された。設問は比較的平易と言える。Bは写真館の広告を用いた読み取り問題である。表の他にイラストも入った広告の読み取りであったが、文字情報を落ち着いて処理すれば難しい問題ではない。

【第5問】イラストを含む内容一致問題
形式的には過去3年とほぼ同様であった。同じ状況を説明した2つの体験談を素材に、内容一致問題が4つとイラスト問題1つからなる大問である。イラスト問題はある映画の内容を展開に従って順序正しく選ばせるものであった。設問はこれまで通り平易で、時間にある程度の余裕があれば、難なく答えられるレベルである。

【第6問】長文読解問題
人間社会におけるダンスの役割について述べた文章が素材。形式的には従来同様の内容一致問題を主軸にしており、総語数も昨年並みである。パラグラフごとの内容を問うものが4問、全体のテーマを問うものが1問、見出しを問うものが1問だった。本文の内容や設問は標準的で、問1〜4の設問文には該当する段落が示されているので取り組みやすい。ここまでの問題で時間を使いすぎていなければ、高い正答率が期待できるだろう。