ページを更新する ページを更新する

合格

2531人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

同志社大学
法学部

no image

写真

吉田彩乃さん

東進衛星予備校盛岡駅前通校

出身校: 盛岡第一高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 書道部

引退時期: 高3・8月

全国有名国公私大模試

この体験記の関連キーワード

自分の夢から絶対に逃げないで

 間違いなく今までの人生の中で一番頑張れた、そんな一年でした。一、二年前の自分に見せつけてやりたいです。たいして勉強ができるほうではない、ということを高校に入ってから周囲のレベルから察した私は、一年、二年時はギャップに悩んで現実逃避、結局遊び惚けていました。でも理想は高く負けず嫌い。一番どうしようもないタイプの人間だったな、と我ながら思います。ですがそんな私も世間が言う「受験生」になり、やばい何もできてないぞ、と遅いながらも焦り始めたのが去年の三月です。

塾選びに迷う暇もなく、友達数人が東進に通っていたので、すぐに飛び込みで面談し、紆余曲折はありながらも入学し、毎日登校、毎日受講を心掛けました。私は私立文系志望でしたが、英語が苦手という致命的なところがあり、そこを補強し続けた一年でした。今もまだ苦手ではありますが。英語はできればできるほどいいですし、これからは英語ができることで仕事や進路の幅が広がることは紛れもない事実であるということは、英弱の私から後輩たちに声を大にして伝えたいことです。受験期は自分の苦手なことに取り組み続ける時期だとよく言われます。でも私はそんなことはないと思います。辛かったら、一度自分の得意な分野をのばす勉強をしたり、読書をしたりしてもいいんです。

だけど、自分の夢から絶対に逃げないで。私たちが勉強する目的は、決して大学合格のためだけじゃないです。あくまでも自分の最終ゴールにたどり着くための手段が大学です。そう考えて、辛い時を乗り越えましょう。最後になりますが、サボり癖、怠け癖のある私がここまで頑張り続けられたのは東進で同じ志を持つ友達と、辛い時話を聞いてくれた担任の先生、担任助手の方々、自由に勉強させてくれた親のおかげです。胸を張って頑張りきれたといえる経験とともに、これから先の人生を生きていけることが嬉しくてたまりません。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校を設定するとき、担任の先生と話すことで自分の中で方向性が決まっていった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

より身近な存在としてアドバイスをもらった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

担任助手の方の小話。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

最後まで結果を気にせずやりきること。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

冬、どの大学も受からない気がした。でも勉強し続けた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と将来について、大学について話す。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

憧れだった。OBOGが魅力的だった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛く厳しいけど、本当にがんばれたなぁという感じ。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

社会で自分の色を出して、なおかつ人のためになれる人間になりたい。誰かの人生に少しでも影響できたら幸せだと思う。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史Ⅰ~Ⅳ 東洋史編(中国・アジア地域) 】
小話がわりと入試当日に思い出すきっかけになり、けっこう助かりました。バックアップサービスも理解を深めるために有効でした。

同志社大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11