ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
法学部

no image

写真

浦本煌士くん

東進ハイスクール志木校

出身校: 埼玉県立 朝霞高校

東進入学時期: 高1・3月

一橋大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

とにかく最後まで諦めないで勉強を続けること

 僕は高校1年の冬頃に東進ハイスクールに入学し、高校では勉強に専念することに決めていたので、毎日東進に登校して勉強することで第一志望の大学に合格することができました。当初の僕は東北大学の法学部を目指して勉強していましたが、高校2年の冬頃に担任助手の方に一橋大学を勧められ、親もできれば一橋大学に行ってほしいとのことだったので、高校二年生の冬頃に一橋大学の法学部を第一志望にして本格的に受験勉強をはじめました。

そのころに試しに一橋の過去問を一年解いてみた結果、得意な英語、数学はある程度できたものの、国語と世界史は全くできずとてもあせったことを今でも覚えてます。それゆえ高校2年の冬と高3の始めは特に世界史を重点的に勉強しました。そしてそれが功を奏したのか、東進の7月の一橋大学本番レベル模試では世界史の偏差値69.7で法学部の判定もB判定でとても調子がよく勉強がはかどったことを今でも覚えています。

しかし10月の本番レベル模試では数学があまりできず、7月と同じくB判定で伸び悩みとにかく共通テストまでは数学を重点的に勉強して、11月の河合塾の一橋オープンでは英語の偏差値74を取ることができ、見事に法学部でもA判定をとることができ自信がつきました。

しかし肝心の共通テストでは普段より40点近く点数が落ちてしまい、共通テスト後、家で自己採点をしたときに大号泣したのを今でも覚えてます。しかし担任助手の方々の励ましもあり、何とか気持ちを切り替えて、勉強することができました。その結果、慶應、立教、一橋全てに合格することが出来、有終の美を飾ることができました。これから受験を迎える方々に言いたいことは、とにかく最後まで諦めないで勉強を続けてほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試が不調の時も励ましていただいたり、的確なアドバイスをしていただいた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

東進は一橋模試を年二回行ってくれる為、受験生の中での自分がどのくらいの順位にいるかを理解できます。

Q
東進を選んだ理由
A.

対面授業ではなく、映像による授業にすることでどこに住んでいても、トップクラスの優秀な予備校講師から学ぶことができるから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じ国立志望の受験生たちと切磋琢磨して勉強することが出来ました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

スランプは結構ありましたが、担任助手の方に励ましていただき乗り越えることが出来ました

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

志望校に合格した時の自分を思い浮かべていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

担任助手の方からのすすめです。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

まだ未定で、大学生活を通して見つけていきたい

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
解説授業が聞けることで、解き方が良く理解できた

チームミーティング


志望校別単元ジャンル演習講座


Q
おすすめ講座
A.

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(難関) 】
難関大学によくでる典型問題を網羅することが出来たから

一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3