ページを更新する ページを更新する

合格

2531人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

上智大学
文学部

no image

写真

佐土原日菜さん

東進ハイスクール草加校

出身校: 不動岡高等学校

東進入学時期: 高2・7月

所属クラブ: ソフトテニス

引退時期: 高3・5月

早慶上理難関国公私大模試

この体験記の関連キーワード

東進へ通って高め合える友達や真摯に向き合ってくださる担任助手の方々に出会い、志望校合格に向かう為の環境が出来た

 私が東進に入ったきっかけは、周りの友達が受験に向けての準備を始めていたことでした。当時高校二年生だった私は明確な目標や将来の夢が決まっておらず、何から始めれば良いかわからないまま母の勧めや友達の話を参考に東進に入学することを決めました。初めは突然生活が受験モードに切り替わる事に不安や戸惑いもありましたが、東進へ通って高め合える友達や真摯に向き合ってくださる担任助手の方々に出会い、志望校合格に向かう為の環境が出来た事が東進に入って良かった事の一つだと思います。

先にも述べた通り右も左も分からなかった私は学校での成績も振るわず、初めての模試も今の合格校からは考え難い成績でした。中でも一番大きく成果が見られたのは英語です。元々英語が好きで大学でも英語を主に使って勉強したいと思い、上智大学を目指すことに決めました。そうは言っても高二の私の英語力は志望校からは程遠く、本当に得意科目と呼べるのか分かりませんでした。しかし、東進の高速マスター基礎力養成講座を活用してとにかく単語力を鍛え、ギリギリではありましたが高三では英検やTEAPで実力を発揮できるまでになりました。

また英語に限らず、古典や日本史は高二から高三の基礎固めを経て、9月頃に志望校別単元ジャンル演習講座で多くの苦手分野に触れることで成績を伸ばすことができたと感じています。個人的に国語の対策として多くの文章に触れ、読解に慣れることが大切だと思いますが、志望校別単元ジャンル演習講座を使っていなかったらあれ程の量の問題も手に入らなかったと考えると、志望校別単元ジャンル演習講座をやっていて良かったと感じています。この受験期に培った事は勉強に限らず精神面や自分の生活を見直す上で多くのことに役立つと思います。大学ではさらに英語力を伸ばすと共に、その英語を使って社会で活躍できるようになれるまで頑張りたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

優しく励ましてくれた

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

TEAPの的確なアドバイス

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

弱点が分かる

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

母の勧め

Q
東進を選んだ理由
A.

合格実績

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

息抜き、リフレッシュ

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

根気

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

やる気が出た

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

12月の直前期、母に相談した

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

合格後を想像する。やりたいことリストを作る

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

英語を使いたかった

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

一番の成長

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

英語をツールとして、海外と日本の橋渡しをしたい

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル私大現代文トレーニング 】
解説が分かりやすい

【 ベーシック日本史 】
先生が面白い

上智大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5