ページを更新する ページを更新する

合格

2550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

京都大学
工学部

no image

写真

茂藤虎太郎くん

東進衛星予備校松任駅前校

出身校: 石川県立 金沢泉丘高校

東進入学時期: 中3・3月

所属クラブ: サッカー キャプテン

引退時期: 高3・7月

京大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

困難に立ち向かい、乗り越えることで、自分の成長を感じることができた

 共通テストは日本史を勉強するとき大問別演習をプリントしてやりました。解説がいいので、解説もプリントしてマーカーペンで塗ってたまに見直しました。

二次演習はなるべく一年分まとめて時間を計って過去問を進めました。過去問を始めるまでは学校の参考書を極めました。

朝早く学校に行って一時間だけ勉強しました。自宅から最寄りのバス停までも遠く、学校へも距離がありましたが、祖父が最寄りのバス停まで車で送ってくれたおかげで習慣化できました。また、これは副担任の先生と相談したことがきっかけで始めた習慣だったので、話しやすい副担任の先生が身近にいたのもよかったです。

浪人生の一年間は高校生活の一年間とはまったく違って、つらく長く感じると思うので、それなら今を全力で勉強し、現役合格する方がいいと思います。スマホなどの誘惑はみんなあって、それにどれだけ我慢できるかの勝負が受験といっていいと思います。友達と良い関係を築いて頑張ってください。

受験勉強は本当に面倒くさいものでした。しかし、その苦労も貴重な経験となりました。困難に立ち向かい、乗り越えることで、自分の成長を感じることができました。人生において、苦しいことに真剣に向き合う姿勢はとても重要です。それが僕の中で、責任感や粘り強さを育んでくれました。

これからの大学生活では、新しい分野に挑戦したいと思います。高校では触れる機会がなかった領域に目を向け、そこで自分の興味や才能を見つけたいです。これまでの学びを基に、未知の領域に飛び込んでいく勇気を持ちたいと思います。新たな知識や経験を積み重ねながら、自分の将来の方向性を模索していきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学の知識や講座の良さを教えてくれる。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

新たにやろうとしていることを相談して意見を聞ける。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

周りが行っていたから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

受験期を一緒に乗り越えられる。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

正月特訓

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

共通テスト後に記述力が落ちた。とにかくやった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

東進に行けばすることが勉強しかない。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

面倒くさいもの、しかし、経験として大事。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

やりたいことは大学で決める。

Q
おすすめ講座
A.

【 入試英語@勝利のストラテジー(演習編) 】


京都大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7