ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

北海道大学
医学部医学科

no image

写真

藤本一信くん

東進ハイスクール下北沢校

出身校: 東京都 私立 玉川学園高等部

東進入学時期: 中3・11月

所属クラブ: 硬式野球部

引退時期: 高2・7月

北大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

勉強の場として東進が定着していったことで低学年のうちから勉強習慣を確立できた

 僕は中学3年生の冬に受けた全国統一中学生テストをきっかけに東進に入学しました。入学した当初は苦手としていた現代文の講座を受講し、また自習の場として利用していました。そのころから勉強の場として東進が定着していったことで低学年のうちから勉強習慣を確立できたと思います。

高校1年生から2年生にかけては主に数学の先取り学習を東進で行っていました。そのころは所属していた野球部の活動が忙しく通っていた他塾も一度やめるほどでしたが、その中でも自分のペースで受講を進めることができる東進では部活終わりの数時間を有効活用でき、着実に成績を上げることができました。高校2年生の後半からは理科の受講を開始し、スタートこそ遅れていたものの、理科に重心を置いて受講を進めたことで最終的には入試レベルまで引き上げることができました。このように自分の置かれている状況に応じて柔軟に受講できることも東進の強みだと思います。

東進が主催している模試は入学当初から受験直前期までコンスタントに受け続け、特に共通テスト本番レベル模試は時期にかかわらず全範囲から出題される容赦のないものなので、共通テストに対する直接的な自身の位置を把握するのに最適でした。また週1で行われるチームミーティングの存在は大きく、自分の通っている高校からの医学部進学者が少ないこともあり、貴重な情報交換の場になっただけでなくそこでできた友達は受験期の良きライバル、そして精神的な支えとなりました。

そのほかにも優しい担任助手の方々に恵まれたこともあり、東進は自分にとってアットホームな塾という印象が強く不安定になりがちな受験期でも居心地よく過ごすことができました。これから受験を迎える皆様も、ぜひ東進の利点をフル活用して頑張ってください。

僕は今後6年間で医学を学び、最終的には総合診療医としてのスポーツドクターを目指しています。将来は多くのアスリートをサポートし、医学的観点からパフォーマンスの向上に貢献したいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方が個別で作成してくれたプリントがとても役に立った。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方が医学部に進学した方だったので、医学部受験の情報を共有していただくことができ役に立った。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

時期にかかわらず全範囲から出題されるため、自分の現状や苦手が早いうちからわかるのでおすすめ。また、近年難易度の変動が激しい共通テストへの対応力も身に着けることができる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家の近くに勉強場所が欲しかったから。自分のペースで勉強を進められることに魅力を感じたから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

高3のチームミーティングでは特に仲良くやらせてもらい、とても貴重な受験仲間を作ることができた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活をやっている間は、隙間時間に東進のコンテンツに触れていたた。また、行事は思いっきり楽しみ勉強とのメリハリをつけることを意識した。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

定期的にモチベーションを高めることができた。また、東進に所属していなければ聞くことのできないような方々のお話を聞く機会もありとても貴重な経験だったように思う。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

入試が近づくにつれメンタルが不安定な時期はあったが、そういったときは1日休みを取って勉強を全くしない日を作った。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

医学部に行きたい気持ちと、単純に頭よくなりたい気持ちが大きかった。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

共通テストの点数を加味したうえで、楽しそうなところを選んだ。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

進路を実現するための手段

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

スポーツドクターとしてアスリートをサポートし、医学的観点からパフォーマンスの向上に貢献したい。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
過去問を解くだけでなく、添削や解説授業を用いることによって1年分の過去問からでもとても多くのことを学ぶことができる。

東進模試
共通テスト本番レベル模試に限るが、時期にかかわらず全範囲から出題されるので早いうちから共通テスト対策に役立てることができる。

チーム制
受験前の不安定な時期でも担任助手の方やチームミーティングの友達は精神的な支えとなった。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
物理を基礎から深く学ぶことができ、この講座で学んだことを習得できれば物理で困ることはないと思う。(電磁気、熱力学・波動も同様)

【 物理攻略 原子・原子核 】
手薄になりがちな原子分野を丁寧に解説してくださるので、しっかりと定着させることができる。

【 過去問演習講座(併願校対策) 東京慈恵会医科大学(医学部医学科) 】
添削と解説授業がどちらもついており、毎年難解な問題が出題される当大学の過去問をしっかりと自分のものにすることができる。

北海道大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4