ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

大阪大学
法学部

no image

写真

白石優花さん

東進衛星予備校高松菊池寛通り校

出身校: 香川県 私立 香川誠陵高校

東進入学時期: 中3・12月

所属クラブ: 吹奏楽部 部長

引退時期: 高3・4月

阪大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

1年生の時から東進で模試を受けることで、受験を早くから意識して学習できた

 私は中学生のころから英語が好きで、外国の文化や歴史、国際関係に興味を持つようになりました。そして法学、政治学、経済学の基礎を学んだ上で、分野を跨いだ視点で国際情勢にアプローチできる大阪大学法学部・国際公共政策学科に魅力を感じ、志望を決めました。

私は高校3年生の4月まで吹奏楽部に所属していました。放課後や長期休みなど、勉強に充てられる時間は限られていましたが、1年生の時から東進で模試を受けることで、受験を早くから意識して学習できました。また自分のレベルに合わせた講座を受講し、演習することで、両立して最後までやり遂げることができました。

部活の引退後は、平日は学校終わりに、休日は朝から夜まで毎日東進の自習室で学習していました。そのため夏休みや冬休みもリズムを崩さず、一日中勉強する習慣をつけられたのが良かったです。同じように毎日登校して勉強している同級生が沢山いたため、自分も頑張ろう、とモチベーションを維持することができました。過去問演習講座では、添削指導で自分の間違い方の癖や弱点を把握し、解説授業で問題の傾向や解答のコツを掴むことができ、自分だけではできない質の高い演習を行うことができました。

最後に、私が受験期に一番大切にしていたことは、楽しむ気持ちです。受験は大変で苦しいものだというイメージがあると思いますが、決してそれだけではありません。自分の知らないことを学ぶ楽しさや、1つのことに全力で取り組む楽しさがあるはずです。好きこそものの上手なれ。是非皆さんも、今しかできない受験勉強を楽しみつつ、志望校合格を目指して頑張ってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の結果を見て、対策を一緒に考えてくださりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学に入った後のことなど、受験後のことも話を聞かせてくださりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

頻繁に模試があったので、次の模試に向けて目標を立て、対策をすることができる点が良かったです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業なので、自分に合うペースで学習を進められるため。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
添削指導で、記述の部分点の取り方など、1点でも点数を上げることにこだわって演習できるため。

志望校別単元ジャンル演習講座


東進模試


Q
おすすめ講座
A.

【 現代文記述・論述トレーニング 】
林先生の解説は、なんとなくではなく論理的に文章を読み、解答を作成する方法を明確に示してくれるため。

【 今井宏の英語A組・上級者養成教室 】
難しい文章の構文を把握し、訳出する力がつくため。過去問を扱うため、実践的な演習も兼ねることができるため。

大阪大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4