ページを更新する ページを更新する

合格

2531人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
法学部

no image

写真

日浦万葉さん

東進ハイスクール草加校

出身校: 川口市立高等学校

東進入学時期: 高1・7月

所属クラブ: 茶道部

引退時期: 高3・9月

全国有名国公私大模試

この体験記の関連キーワード

担任助手の方は皆さんの一番味方

 私が受験を本格的に意識し始めたのは高校2年生の12月です。高校の先輩や両親の話を聞く中で、物事を白黒はっきりつけ、多面的に思考する力を養いたかったので、法学部を目指すことに決めました。法学部と言っても進学した全員が裁判官などの法律に関わる仕事ではなく、公務員や銀行員、税理士などを目指す方が大半です。私も公務員を目指していますが、社会保険労務士などの労働に関する資格を取得し、生活に困窮する方々を助ける仕事がしたいと思っています。そのため、大学生になったら大学の授業や単位の取得だけではなく、資格の取得に向けての勉強に力を入れていきたいと思います。また、私が進学する立教大学は特に英語に力を入れているため、高校生活では叶わなかった英検準一級やTOEICで高得点の取得を頑張りたいです。

私は高校1年生の7月から東進に入りましたが、最初は受講や高速マスター基礎力養成講座に全く触れず、休日は午後の15時起きで朝登校とは縁もなかったです。しかし、先述した通り受験を本格的に意識し始めた高校2年生の冬、とある女性の担任助手の方に出会い、さらに受験への意識が高まりました。例えば、早起きに縁のなかった私が朝登校を出来るようになったり、高速マスター基礎力養成講座を例文まで完全修得出来たりと、自分の中で大きな成長が見られました。今東進ハイスクールに通っている皆さんも受験勉強が嫌になったり、苦しくなることもあると思いますが、担任の先生や担任助手の方は、皆さんを時に厳しく、時にやさしく一番味方でいてくれるので、思う存分頼っていいと思います。がんばれ受験生!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験校を決定を後押ししてくださった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

メンタルサポート

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

兄がいたから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

仲良くなれたため、東進に行くのが楽しかった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

気配りが出来るようになった。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

スキマ時間を有効活用出来るようになった。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

やりたいことが深まった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

夏休みで、担任助手の方に相談した。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

美味しいご飯を食べる。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

一日三食と同じくらい当たり前のこと

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

公務員

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】


【 スタンダード日本史B(戦後史の攻略) 】


【 スタンダード日本史B(日本文化史Ⅰ) 】


立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1