ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋大学
農学部

no image

写真

打明暖乃香さん

東進衛星予備校新白島駅校

出身校: 広島県 広島市立 基町高校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: ソフトテニス部 部長

引退時期: 高3・6月

名大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

伝えたいのは、学校と東進の両立、無理のない計画、真剣に勉強の話ができる友人や先生を見つけること

 私が東進に通い始めたのは高校生になってすぐでした。自分で授業計画を立てて自分のペースで進めることができるため東進を選びました。大学受験を終えて私が後輩の皆さんに言い残したいことは大きく三つ(両立、計画、相談相手)です。

一つ目は、学校と東進の両立を崩さないことが大事だということです。受講を溜めすぎると受講に追われる日々を送ることになるので、学校の授業や課題と受講と復習を毎日するとよいと思います。私は高1の冬にスランプが来て受講ができない時期がありました。そのため高2のときに復習をおろそかにしてしまい、成績が上がりにくくなってしまいました。特に東進の授業は受けて満足しがちなので、先取りということを生かしてしっかり復習してください。

二つ目は、無理のない計画を立てることです。私は計画を立てるのが苦手でよく計画倒れになっていました。こんな私が計画通りに学習できた計画方法は、大きな目標と小さな目標をつくる方法です。大きな目標は自分の理想や志望校についての目標で、小さな目標は現実を見て自分がちょっと頑張れば達成できる目標です。大きな目標で常に高みを目指しモチベーションを高めながら、小さな目標を達成することで地道に力をつけていく、このことが大切です。東進は自分で計画を立てることができますがさぼってしまうリスクもあるので、計画実行を大事にしてください。

三つ目は、真剣に勉強の話ができる友人や先生を見つけることです。私がスランプを乗り越えるきっかけをくれたのは友人と担任助手の方でした。自分の悩みを真剣に聞いてくれたり、勉強方法を紹介しあったりできる人がいるだけでもモチベーションが高まります。受験勉強は長くてつらいイメージがあると思いますが、意外とあっという間に過ぎてしまいます。私の先輩方も言い伝えているように、冬頃になるとほとんどの人が「あと一年ほしい!」と言います。

私からのアドバイスとしては、時間に余裕があるときは早い段階で焦り始め、特定の分野を集中的に演習するとよいと思います。逆に受験直前期は落ち着いておさらいメインの勉強をします。これから受験生になる皆さん、両立・計画・相談相手について悩んでいたらぜひ参考にしてください。応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校の変更に悩んだときに相談に乗ってもらいました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私は高1の冬に全く塾に行けない時期があって、東進のカリキュラムから遅れてしまったけど、そのあと巻き返せるように親身になって一緒に計画を立ててくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

毎回自己採点をすることと、期限内に解答解説をみて復習することが大切です。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

中学校の時通っていた塾からの紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

自分で予定を立てて授業を受けることができるから。急用ができても後から計画を組み変えることができるのでストレスにならない。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

チームミーティングで新しく友達ができました。受験期はリフレッシュになりました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活をしていた時期は、勉強が苦にならないように曜日を決めて東進に登校していました。学校の復習を崩さないように計画することが大切だと思います。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

高3の夏の特訓会に参加しました。十数時間の勉強に耐えることは自信につながりました。皆と同じ時間割で勉強するので仲間意識が生まれて意外と楽しいです。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

高1の冬休みと高3の前半はほぼスランプでした。高1の時は勉強を頑張る自分を見失ったのですが、担任助手の方や友達と勉強の話をして乗り越えました。高3は同じ志望校の人や模試の判定を見て落ち込んでいましたがこの時も友人と話してモチベーションを上げていました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

一緒に頑張る友人と話をすること。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

大学で学びたい分野があったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

高校で習ったことを確実に身につけるための勉強でした。演習することではじめて理解できたことがたくさんありました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

わたしの将来の夢はバイオテクノロジーを利用して地球の環境問題の解決に貢献することです。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
早い時期から共通テスト形式の問題を経験することで、受験期に入ったときに学習計画を立てやすかったです。

高速マスター基礎力養成講座


Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】
すぐに自動採点してくれるのでとても楽です。解説授業もついているのでわからないところもすぐに確認できます。

名古屋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6