ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東北大学
工学部

no image

写真

郡司彩希さん

東進ハイスクール川口校

出身校: 埼玉県 私立 浦和明の星女子高校

東進入学時期: 高1・7月

所属クラブ: 陸上部 副部長

引退時期: 高2・12月

東北大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

今成績が伸びていなくても落ち着いて自己分析をして途中で諦めず最後まで

 私は高1の7月に東進に入学しました。当時、私の周りの友人たちは塾に通い始め、自分もそろそろ受験勉強を開始しようと思ったことがきっかけです。入学当初は、平方完成すらわからない状態でしたが、計算演習や受講を進めていく中でとても理解が深まりました。

低学年時に参加したトップリーダーと学ぶワークショップでは、将来について考えるきっかけを与えてくれました。高2まではほとんど成績が伸びず、高2の12月模試では900点中427点しか取れませんでした。そこで危機感を感じ、模試でいい点数をとるために勉強しようと思ったことがきっかけで、共通テスト本番には761点まで伸ばすことができました。特に、学校の進度に合わせずに自分のペースで先に進められたことがよかったです。

高3の6月から始めた過去問演習講座では、添削してもらえることで自分では気づかなかった細かい記述ミスに気づくことがきました。また、秋から始まる志望校別単元ジャンル演習講座では、たくさん演習ができただけでなく、志望校の形式にあった類題を演習でき志望校合格につながりました。

進学する東北大学では、AIについて学び人の役に立てるようなシステムを作りたいと思います。これから受験を迎える皆さんは、今成績が伸びていなくても落ち着いて自己分析をし、途中で諦めず最後まで勉強し続けてください。また、高2の間に数学・英語を固めることはもちろん大切ですが、選択科目にしっかりと触れておくことも大切です。学校で一度触れた範囲は必ず理解するようにしておきましょう。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

親身になってくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強のアドバイスをもらった。勉強の計画を一緒に立てた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近かった。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

受験期に友人と話すことで気持ちが和らいだ。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

体力。学校行事を楽しむことで勉強とのメリハリを付けられた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

高3の11月はスランプでした。担任助手の方と話してやる気を出した。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

担任助手の方と話すこと。チームミーティングの友人と話すこと。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

成長。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

AIについて学び人の役に立てるようなシステムを作りたいと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
早いうちから過去問に触れることができたから。

志望校別単元ジャンル演習講座
志望校の大学だけでなく、色々な大学の問題に触れることができるから。

高速マスター基礎力養成講座
隙間時間を活用できるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 難関国公立大英語 】
色々な形式の問題に触れることができ、とてもわかりやすかったから。

【 数学の真髄-基本原理追究編-文理共通 PART1 】
数学の根本的な考え方を教えてくれたから。

東北大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5