東進ドットコムに寄せられた多くの皆さんの疑問にお答えします。

その他

画像はクリックすると大きくなります。

Q.東進のCMで「勉強がおもしろい、と思う日が来るなんて」と言っていますが、私はおもしろいと思ったことがありません。勉強は大学受験があるから仕方なくやっています。ほとんどの人がそうなんじゃないですか。【2018年7月】

A.人間は誰もが「知りたい」「できるようになりたい」という気持ちを持っています。

アメリカの心理学者マズローは人間には成長欲求があると言います。知らなかったことを知る喜び。できなかったことができるようになる喜び。人間は誰もが「知りたい」「できるようになりたい」という気持ちを持っているんですね。もちろん君も。 勉強だって同じです。勉強は1つわかると次が知りたくなります。しかも、ただただ機械的に何かを覚えていたやり方から、ひとつひとつ「なるほど」と納得しながらわかるようになることでより楽しくなります。そしてさらにもっとその先が知りたくなります。これを繰り返すことによって、気がつけばその科目が得意科目に。得意になるともっともっと楽しくなります。

1)君の「おもしろい!」を引き出す、日本最高レベルの講師陣による授業

勉強は、ただ知識を覚えるだけのものではありません。覚えるだけの勉強、退屈な授業ばかりだったら、勉強なんておもしろくないと思ってしまうのも無理ないですよね。 しかし、東進の授業は違います。「この公式ってこういう意味だったんだ!」という発見、「こんなに解けるようになるなんて」という驚き、「この先にどんな真理が見えるんだろう」という興味……君の知的好奇心を刺激する日本最高レベルの講師陣による授業です。 東進の講師陣は、テレビでもお馴染みの林修先生をはじめ、全国から選りすぐられた大学受験指導のトップ集団。学問の真理を突いた本質的な授業だからこそ、実力アップや現役合格に結び付いているのです。「次の授業を早く受けたいと思った」「大学の学問がさらに楽しみになった」といった合格者からの声も多く届いています。 ぜひ一度、東進の講座で一流講師陣による授業ならではの“抜群のわかりやすさ”と“知的好奇心が溢れ出る感動”を体験してください。君の「わかる」と「もっと知りたい」を引き出してくれるはず。

2)みるみる覚えられる、高速マスター基礎力養成講座

「勉強がおもしろい」と感じるのは、授業だけではありません。東進の「高速マスター基礎力養成講座」では、超重要な英単語1800語(センター試験カバー率99.7%)を、なんと最短1~2週間で修得することができます。 その秘訣は、どんどん知っている単語が増えていく楽しさ。まるでゲームをクリアしていくように、知っている単語が増えていきます。1ステージクリアするごとに、「次のステージもできるようになりたい」とやる気が増してくることでしょう。 そして、そのやる気や楽しさは覚えた後も続きます。長文の中でそれらの単語に出会い、今までより数段わかるようになっていると気づき、自分でもびっくりするはず。

3)受験勉強を加速する、模試の連続受験

「わかる」「できる」ことが増えてくると、解ける問題も増えてきて、これまではユウウツだった模試受験も“学力の伸びを測る場”として楽しくなってきます。特に、毎回の出題範囲やレベルが同じである、東進の「本番レベル模試」は、伸びや志望校との距離の変化がわかりやすく、「こんなにできるようになった!」と感じやすいでしょう。 そして、自分の持っている知識をフル活用して模試を受けている時に、学力はぐんと伸びていきます。「わかるけど解けない問題」や「まだまだ勉強が必要な箇所」を見つけて、次の模試までの計画を立てることで、やる気を維持し、君の持つ「知りたい」「できるようになりたい」という思いを生かして勉強に取り組んでいけます。このような定期的な模試受験が、君の受験勉強をますます加速します。 この夏の成果は、8/26(日)の「センター試験本番レベル模試」試すことができます。申し込みの締切は8/22(水)まで。

各お申し込みはこちら