東進ドットコムに寄せられた多くの皆さんの疑問にお答えします。

東進

画像はクリックすると大きくなります。

Q.高校に入ってから数学の授業が難しくなり授業についていけず、中間テストでひどい点数を取ってしまいました。期末テストが近づいてとても不安です。どうやって勉強したらいいですか?(高1・男子)【2019年06月】

A.数学は授業でしっかり概念を理解することに加え、徹底した演習を繰り返すことが得点アップの秘訣です。

(1)定期テストで得点アップするためには

自転車は人から「乗り方」を教えてもらっただけでは乗れません。正しい乗り方を教えてもらうだけでなく、実際に自転車にまたがり練習を繰り返すことで乗れるようになります。数学も同様で、まずは授業で概念理解をしてから、徹底した演習を行うことが大切です。この演習が数学の得点力を左右します。定期テストは出題範囲が明確に定められているので、正しい対策をすれば必ず得点できます。理想的な学習配分は授業:演習=1:3ですので、これを意識しながら勉強を進められるといいですね。

(2)定期テスト対策特別招待講習

東進の実力講師陣の授業を、概念理解の導入講座や演習講座など全130講座の中から2講座受講できます。導入講座では、基礎、標準、上級の3つにレベルが分かれているので、自分の現状のレベルに合わせて受講できます。
演習講座は、単元ごとに演習を通じて理解を深めるものです。基本事項は学習したものの、自分で演習をすることに不安がある君は、問題を解くために必要な思考方法を丁寧に解説する基礎演習を受講しましょう。演習によりレベルアップを目指す君は、教科書レベルから入試頻出問題の完全理解を目標とする実践演習を受講しよう。

また講習生は全員、高校数学範囲をすべてカバーする高速マスター基礎力養成講座の「数学計算演習」が受けられます。定期テストの範囲をピンポイントに演習することで、授業で得た知識を自分のものにできます。問題数、時間を画面上で自ら設定、確認しながら演習ができるのでとても効率的です。

さらに東進生同様、1日2回のコーチングタイムで、日々の努力を継続できるようにモチベーションを高めていきます。その日の目標確認や、学習の振り返りを通じて客観的な視点を持て、自分自身で解決策を見出せるようコーチングを行います。

定期テスト対策特別招待講習を受講して、数学を得意科目にしよう!

各お申し込みはこちら