東進ドットコムに寄せられた多くの皆さんの疑問にお答えします。

東進

画像はクリックすると大きくなります。

Q.部活を引退したのですが、何から手をつけて良いかよくわかりません。周りにはしっかりスケジュールを立てて、勉強に取り組んでいる人もいて正直焦っています。ここから現役合格するにはどうすれば良いですか?(高3・女子)【2019年06月】

A.部活を最後までやり切ったあなたの経験は受験勉強にも必ず役に立ちます。今から勉強を開始して逆転合格を果たすために必要なのは「一日も早い基礎の完成」と「学習の習慣化」です。部活の次は受験勉強をやり切ろう! なぜ基礎固めなのか、勉強を習慣化し、継続するにはどうすれば良いのか、詳しくご説明します。

受験までに残された時間はそう多くはありません。逆転合格を果たすためには、今すぐ学習を開始する必要があります。まずは受験本番から逆算して今何をするべきか考えよう。その上で「学習を習慣化」させ、やる気の波に左右されないようにしましょう。

1.基礎固めを急ごう!


早くから勉強をスタートさせている人は今何をやっているのでしょうか? 実はもう志望校の過去問を始めているのです! 早期から勉強をスタートさせている人の理想的スケジュールは夏休み中に過去問10年分を2周し、夏休み終了後の9月からは志望校対策をさらに強化した答案練習を進めるというものです。勉強の指針を計画する上で重要なポイントは、志望校対策にいかに時間を確保できるか、そしてその時間を確保するために基礎固めをいかに早く終わらせられるかの2つ。そのために、まず夏休みを基礎固めのデッドラインと考えておくと良いでしょう。最も効率的に基礎固めをするには予備校などのプロに頼るのが一番です。東進なら精鋭講師陣による「わかりやすく、知的好奇心をくすぐる授業」&高速学習で一気に基礎固めが可能。自分の進度に即した計画をうまくたてられない人は、東進で相談してみましょう!

2.学習を習慣化させてやる気の波に左右されない


何事も始めるまでが一番大変です。しかし、一旦始めれば、それが習慣化し、やるのが当たり前になります。では「勉強」を習慣化させるにはどうすれば良いのでしょうか? 例えば、勉強は予備校や図書館など、周囲が勉強していて集中しやすい環境でしたり、科目ごとの合間に5分休憩するなど、ぼんやりと勉強しないように「メリハリ」をつけることを意識してみると良いでしょう。東進には勉強に集中できる自習室がある他、同じ受験生であるライバルがいます。大学受験をいつでも意識できる環境で勉強できます。

3.模試を活用して定期的に学力チェック!


やみくもに勉強するだけでは、自分の学力がどれぐらい上がったかがわかりません。定期的に模試を受験しましょう。具体的な目標点数を定め、勉強の理解度を確認し、苦手分野、得意分野を整理して、勉強の優先順位付けを行うのがおススメです。目標に向け勉強すればやる気も生まれやすく、より勉強に積極的になれます。勉強を積極的にすれば成績アップも近づきます。模試を学力のものさしとして上手に活用しよう。

東進では、部活を高3まで精一杯続けてきた、かつ志望校合格を目指して学習に取り組む意欲ある高3生を対象に、講習1講座を無料で受けられる特別招待講習を行っています。東進の授業や勉強環境を体験でき、また勉強計画の立て方を相談できるチャンスです!ぜひこの機会を活用してください!

各お申し込みはこちら