ページを更新する ページを更新する

合格

2531人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
文学部

no image

写真

立本恋乃花さん

東進ハイスクール津田沼校

出身校: 船橋東高等学校

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: ソフトテニス 副部長

引退時期: 高3・6月

全国有名国公私大模試

この体験記の関連キーワード

チームミーティングがあってよかった

 もともと塾に入ることを考えていなかったのですが部活の際に言われたアドバイスに心を動かされて本気で勉強したいと思うようになりました。部活が多くあり、スケジュールは部活に合わせたかったので塾に行く時間を自分で決められる東進に入りました。私は家だとあまり集中力が続かなかったので東進に来て勉強するようにしていました。東進ではチームミーティングがあり、自分が進んでいないと焦りを感じてそれがストレスになることもあったけど、もっと頑張らないといけないという気持ちになることが多かったのでチームミーティングがあってよかったです。また、一緒に頑張る仲間ができるのがうれしかったです。

私が受験勉強の中でやってよかったと思っていることは毎日記録をつけることです。私はノートに毎日何をやらなければならないかを記録していました。そうすることでその日の気分で勉強せず計画的な勉強ができました。また、ノートだと昨日何をしたかということや一週間前に何をしたかということが確認できるので全体の計画がうまく進んでいるかということも確認しながらやっていました。

成績は高3の6月の時点から最後の模試までで日本史が特に大きく上がりました。6月の時点では20点台だったのですが、最後の模試では70点台にまで上げることが出来ました。受講は通史を2回やったのですが出来れば3回やったほうがいいと思います。なぜなら志望校別単元ジャンル演習講座をやる際に、私は通史の内容があまり頭に入っていなくてそこに多く時間を取られてしまったからです。そして日本史を学習する際には通史がある程度頭に入り流れをつかめてきたら教科書だけでなく資料集を活用したりすることも大切だと思います。そうすることで一つの事柄に対して多方面からの知識をつけることが出来るからです。

英語では長文の学習をするようになってからほぼ毎日音読をするようにしていました。解いた長文を1つにつき30回やるようにしていたので構文力や文法力をそこで強めることが出来ました。将来の夢はまだ決まっていませんが、行きたかった大学に合格できたことで選択肢を広げることが出来たと思うので大学で学んでいく中で自分が何をするべきか見つけられたらいいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

定期的にある面談で進捗状況を報告したり、アドバイスをもらったりしたことが役に立った。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

毎週のチームミーティングで勉強法に関するアドバイスをもらったり何気ない話をして息抜きできたことが役に立った。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活が多くあり、自分の空いている時間に合わせられる塾がよかったから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強に関する話や学校の話などをしたこと。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

あきらめない力と努力する志

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

みんなで切磋琢磨しあえた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

自分が将来どんな志で生きていきたいか考えることが出来た。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

直前期がつらかったです。いまやらないと後悔するという思いでやりきりました。またやらなければいけないことの最優先事項を明確化しました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

スイーツが好きなのでスイーツをご褒美として頑張っていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

学びたいことが学べるところにしました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

受験勉強によって考え方や価値観が変わったので自分を成長させてくれるものだと思います。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

教育に携わりたいです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】
ノートと説明がわかりやすい。

【 スタンダード日本史B PART2 】
ノートと説明がわかりやすい。

【 スタンダード日本史B(戦後史の攻略) 】
ノートと説明がわかりやすい。

法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4