ページを更新する ページを更新する

合格

2531人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
スポーツ健康学部

no image

写真

前田惇也くん

東進ハイスクール田無校

出身校: 清瀬高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 山岳部 部長

引退時期: 高2・1月

全国有名国公私大模試

この体験記の関連キーワード

僕を合格へと導く漢渡辺勝彦先生

 東進の実力講師が魅力で入学しました。東進入学前の僕は、全く英語ができず、文法は勘、長文は少し読んでなんとなくコレ。こんな方法で解いていました。これでは、いつまで経っても英語を使いこなせない。それどころか、入学できる大学があるのかどうかも怪しい。何とかしなければならないという思いで入学を決意しました。

入学後、一番最初の模試が共通テスト同日体験受験。当時から日本史には自信があったものの、国語は安定して得点が取れない。英語は前述の通り、根本的なものを理解していないためもちろん得点が取れないといった状態でした。とりあえず日本史は8割を狙おうと意気込み受験しました。結果、英語は案の定3割、国語も5割、日本史は6割と、納得のいく結果ではありませんでした。1年後、ここからどれほど点数を上げられるだろうと期待と不安を胸に受講を始めました。

最初の安河内先生の文法の講座では、この人CMで見たことある程度にしか思っていませんでしたが、講数が増えていくたび、この人めちゃくちゃわかりやすいなと度肝を抜かれたことを今でも覚えています。かといって英語の点数がすぐに伸びたわけでもなく、2月の共通テスト本番レベル模試でも3割でした。そんな時、受講をし始めたのが、後に僕を合格へと導く漢「わたかつ」こと渡辺勝彦先生でした。構文の講座で初めて受講したのですが、英文がスラスラと入ってくる奇妙な感覚に襲われ、夏期の講座まで英語はほとんど渡辺先生の講座を受講しました。渡辺先生の講座を受講しまくった僕は、英語の得点が、11月の共通テスト本番レベル模試で5割5分、12月の共通テスト本番レベル模試で7割5分と着実に点数を伸ばし、共通テスト本番では8割越えと覚醒し、私大の一般入試でも「もしや英語が一番得点高いのでは?」と思うほど、英語に自信を持った状態で入試に挑むことができました。

実力講師以外にも東進に入学するメリットは星の数ほどあります。例を挙げれば過去問演習講座です。夏休みひたすら解いた共通テスト過去問10年分、二次私大過去問10年分。解説授業で解答解説以外にも、問題を解くポイントを教えてくれます。そして何と言っても9月から始まる志望校別単元ジャンル演習講座。僕はこれで力をつけたと言っても過言ではありません。渡辺先生の講座でインプットした内容を演習でアウトプットしていき、苦手をどんどん減らしていきました。こういった東進のコンテンツをフル活用して第一志望校合格を掴み取ることができました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

東進のコンテンツの説明がわかりやすくて、使った時のイメージが湧きやすかった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試の点数が揮わなかったとき、励ましてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

会場が大学のキャンパスなので、本番と同じ空気感で受験できる。また、解答解説が充実していて復習がしやすい。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

友人からの勧めと実力講師陣が魅力的だったため。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

模試の点数で一喜一憂をともにしたことで、勉強へのモチベーションが上がった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

体育大会の実行委員をしていて、最後までやり切る力がついた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業に参加したとき、生の講師の方を見てカリスマ性を感じた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

やるしかないという気持ちで乗り越えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友人からの言葉。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパスに行った際、自然あふれる場所だと感じ、学びたいこととマッチしたから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

人生において越えなければならない壁。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

スポーツ健康学部に入学したからには、スポーツで日本を沸かせたいと思います。特に僕は野球が好きなので、2023年のWBCを超える熱狂を日本に呼びたいと思います。野球人口の低下が叫ばれる昨今、次世代のスターをスポーツ記者として発掘していきたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校別単元ジャンル演習講座
問題慣れができる。

チーム制
担任の先生が面白い人で、モチベーションが上がった。

担任指導
担任助手の方々が、親身に寄り添ってくれる。

Q
おすすめ講座
A.

【 難度別システム英語 構文編Ⅲ 】
受講したことで英語の実力が上がった。

【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】
リスニングの演習が英検の対策にもつながった。

【 過去問演習講座 法政大学(経済・社会・現代福祉・スポーツ健康学部) 】
10年分という問題量と、試験直前にも復習として活用することができる。

法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8