ページを更新する ページを更新する

合格

2531人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
工学部

no image

写真

今村晃太朗くん

東進衛星予備校丸亀武道館前校

出身校: 大手前丸亀高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: テニス部

引退時期: 高2・3月

東大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

東進のハイレベル物理で物理に興味を持った

 僕が東京大学に学校推薦型選抜で合格することができたのは、多くの人に支えられたからです。物理学の根本や推薦入試の基本事項を教えてくださった東進講師の方々だけでなく、一緒に学校生活を過ごしてきた友達、共に物理を楽しんだ仲間、常に近くで支えてくれた家族、推薦の対策をしてくださった学校の先生方など、周りの人たちの支えの上で僕の生活は成り立っていたと感じます。

高校一、二年生の人たちに最も伝えたいのは、○○オリンピックの日本予選の問題を一目見てみてほしいということです。どの分野でもおそらく全く歯が立たないということはなく、その先には受験勉強の100倍面白い勉強があるはずです。

推薦のためにこれらのコンテストを目指すことはあまりおすすめしませんが、これらのコンテストは実際、推薦入試の際に役に立つと考えます。東進の授業で先取りして少しでも興味を持った科目がある場合には、コンテスト出場も考えてみてください。

僕の場合も、東進のハイレベル物理で物理に興味を持ち、物理のコンテストに出場し、その経験が学校推薦型選抜の際に評価されていたと感じています。そして、学校推薦型選抜の際にも、東進の旧帝大推薦入試対策講座を受講したので、二度も東進の授業の恩恵を受けています。

東京大学の学校推薦型選抜は2016年に始まったためネット上にも有益な情報が少ない中、東進の講座では多くの推薦受験者のデータに基づいた指導、添削をしてくださり、情報戦でもある推薦入試に田舎から合格することができました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

後期日程の大学を多く調べてくれました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

友達と話しているときに一緒に話してくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

採点が早いです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

家族の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

模試を一年に何度も受けられ、ハイレベルな授業を受けられるからです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

勉強には体力が必要だということを実感したので、部活をしていたことが役に立ったかもしれません。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

勉強したくない時も、休みながら勉強しました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

何とかして勉強する教科の楽しい部分を探しました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

物理と人工知能の両方を学ぶことができる学科があったからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

大学に行くために必要な努力です。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

人工知能について学び、従来より高精度な機械翻訳を実現して、発展途上国も含めた世界全体での協力体制の基盤を構築したいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
一年に何度も受けられ、採点が早いです。

実力講師陣


講座修了判定テスト


Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
物理の根本を学ぶことができます。物理に有用な数学や、時短できる解き方なども学ぶことができ、受験に役立ちます。

【 ハイレベル物理 電磁気学 】
高校数学で学習可能な範囲で、電磁気学の基本定理を知ることができます。暗記になりがちな電磁気学の公式を原理から学ぶことができます。

【 ハイレベル物理 熱力学・波動 】
熱力学より波動の方に重点が置かれていて、波動について深い理解ができます。熱力学についても簡単な説明で熱力学のほぼすべてを学習できます。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 28