ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科一類

no image

写真

佐藤諒以くん

東進ハイスクール成城学園前駅校

出身校: 神奈川県 私立 栄光学園高校

東進入学時期: 中2・10月

所属クラブ: 英語部 テニス部

引退時期: 高3・3月

東大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

東進で培った、目標から逆算して徹底的に計画を立て、主体的に遂行してゆく力

 僕は、中学受験で第一志望校に合格することができず、大学受験ではその雪辱を果たしたいと感じており、高校受験がないという中高一貫校のアドバンテージを最大限活用すべく、他予備校と比べても先取り型の学習に最も適している東進に、中二の段階で入学を決めました。自分自身、数学に苦手意識があったことや、「受験は数学で決まる」という言葉を耳にしたこともあり、入学に際しては数学特待制度を利用しました。この制度は本当に素晴らしく、中学生のうちから難関大突破を目指す志高い受験生は、正直利用しない手はない、とすら感じています。

高校生になってからは、林先生のハイレベル現代文の講座を受講しつつ、毎日校舎に来て基礎力養成の問題集に取り組みました。東進の学習環境はどこよりも自習に適しており、受験学年の先輩と勉強時間を競うようにして毎日登校し、机に向かったのを覚えています。受験学年では、過去問演習講座に大きく助けられました。点数が取れなかった年度に関しては二回、三回と解きなおして提出し、解説授業も幾度となく見返しました。模範解答を一字一句覚えてしまうまで過去問演習をやりこんだことは、合格力に直結したと感じています。

また、東進生であることの最大のメリットともいえるのは、圧倒的な充実度を誇る模試のラインナップです。二か月に一度の共通テスト本番レベル模試はもちろんのこと、年四回の東大本番レベル模試は、実戦に似た問題と緊張感で受験することができ、返却も驚くほど迅速だったので、徹底的に復習することで学力向上につながりました。

そのような東進の学習の中で、僕は、主体的に受講と自習・模試のバランスを考え、東京大学の合格最低点を突破する、という目標を達成するための自らに最適なアプローチを編み出す術を学びました。この力は、受動的に授業を受けに行くだけでは決して学ぶことができなかったであろう力だと思います。東進で培った、目標から逆算して徹底的に計画を立て、主体的に遂行してゆく力は、これから大学で法曹を目指す僕の人生にとって一生の財産となることだろうと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ面談は、志望校が同じ仲間で集まるため、いつもなかなかの緊張感に包まれていて刺激になりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

本番直前に励ましていただいたことで、実力を発揮することができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

驚くほど早い返却で、復習で実力が大きく伸びました。模範解答も、一字一句覚えるほど読み込みました。

Q
東進を選んだ理由
A.

東京大学への圧倒的な現役合格実績があったため。また、東進の様々な講座や制度が先取り型の学習に適しており、自習にも最適な環境が整備されていたため。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

高2までずっとひとりで、グループ(個人)状態だったのですが、担任助手の方々はいつも励ましてくださり、モチベーションを保つことができました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

英語ディベートを通じて英語力が向上しました。特にリスニングと自由英作文には強くなりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

ひたすら目の前の一問に集中することだけを考え、過去や未来のことは考えないようにしていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

日本一の大学であるため。家が近いため。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

「三歩進んで二歩下がる」の繰り返しでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

検察官となり、社会の多面的な格差を是正する。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
模範解答を一字一句覚えるまでやりこみました。東大は過去問で使用したフレーズの使いまわしが利くことも多く、本番も大いに助けられました。

東進模試
本番と同様の緊張感で年に何回も挑めるため、本番も模試のように焦らず迎えることができました。

実力講師陣
特に予備校ごとに答案が大きく分かれる東大現代文や東大社会では、東進の講師陣の答案が頼りになりましたし、最も洗練されているように感じました。

Q
おすすめ講座
A.

【 数学ぐんぐん[応用編] 】
数学の実戦力を一気に向上させることができました。応用とはいえ、あくまで基礎の組み合わせであるということを実感させられる講座でもあります。

【 高2ハイレベル現代文トレーニング 】
現代文の基礎力を盤石にすることができます。現代文の読よりも解に焦点を当てており、解き方が明確化しました。

【 中高一貫数学[中学代数編] 】
中高一貫校の生徒の早期先取り学習に最適でした。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7