ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
文科一類

no image

写真

山内花奈さん

東進衛星予備校永福町駅前校

出身校: 東京都立 三鷹中等教育学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: バレーボール 部長

引退時期: 高3・5月

東大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

世界史の通史を高校2年生の間に最後まで学習できたことが効果的だった

 東進の講座を受講して、志望校合格実現のために最も効果的であったと感じるのは、世界史の通史を高校2年生の間に最後まで学習できたことです。世界史の講座は、高校3年生になっても隙間時間を活用して繰り返し視聴し、知識の漏れを防ぐために役立てました。東進の授業は何度も観ることが可能であるため、毎回新たな発見や異なる視点での解釈を得ることができました。高校2年生での世界史のアドバンテージのおかげで、高校3年生の夏休みに志望校の世界史を約30年分解くことができ、さらには入試本番までに既に解いた問題を復習することもできました。

加えて、過去問演習講座大学入学共通テスト対策では、共通テストの得点を大幅に向上させるのにとても効果的でした。冬休みの間に本番同様の形式で何度も演習を行うことで、共通テスト独特の時間の短さや、問題文の長さに慣れることができたので、最終の共通テスト本番レベル模試では8割だったものが、本番では9.2割以上とることができました。

また、東進は模試の実施回数が多く、特に東大本番レベル模試は年に5回ほど行われるため、年間を通しての学力向上を、模試の判定によって実感できる機会がたくさんありました。東進模試は返却が早く、模試の感触が残っているうちに復習することができるのも、大きなポイントだと思います。

成績や勉強の気力が下がったときには、自分が大学入学後に何を学びたいのかをよく考えて、モチベーションをあげて頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試などの前に応援していただいたことです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学の話をしてもらったので、モチベーションが上がりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

1年に何度も実施されるため、年間を通しての学力測定が可能でした。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自宅に近かったためです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

最後までやり抜く力と集中力です。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

5月と10月は精神的に辛かったです。友だちと話すことで、辛かった時期を乗り越えることができました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学に入学した後のことを考えることが、やる気に繋がりました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

志望校の決め手になった要因は、大学と家が近く通学の便が良かったことと、格好良いと感じたことです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛いこともありましたが、学校の自習室などで友達と勉強することは楽しかったです。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

法のための人ではなく、人のための法となるような法が施行される社会を作りたいです。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史Ⅰ~Ⅳ 東洋史編(中国・アジア地域) 】
これはハイレベル世界史シリーズ全体に言えることですが、何度も繰り返し講座を視聴することが可能であるため、受験直前まで知識を固めることができて、漏れを防ぐことができます。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 50