ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科二類

no image

写真

藤本偉久くん

東進衛星予備校広島駅前校

出身校: 広島県 私立 広島学院高校

東進入学時期: 中3・2月

所属クラブ: バレーボール 副キャプテン

引退時期: 高3・6月

東大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

将来は創薬研究を通じて世界中の人のために活躍したい

 東進に入り、勉強していく中で東京大学に対するこだわりが強くなり、結果理科二類を受験し合格いたしました。医学部と東大で悩んだことも、思うように成績が伸びず苦しみながらも勉強し続けた経験もすべてが今の自分を形作っているのだと思います。このように思えるのも受験勉強を通して精神的に成長できたからだと思います。

ここで東進についてや後輩へのアドバイスを書きます。東進の魅力としては、高速学習による先取りやAI演習による自分の苦手に直結した最短経路の演習があげられると思います。中でも特におすすめなのは青木純二先生の「数学の真髄」です。この講座では数学の定理や数式の意味、論理を詳しく学ぶことができ、さらには知らない問題に出会った時の着眼点や頭の使い方も理解できます。また、受講した後にテキストの後ろについている演習問題やほかの問題集、模試の問題を解くときに授業の内容を意識して演習することで効果を最大限引き出すことができると思います。数学が好きな人や難関大学を目指す人は一度体験だけでもしてみたらよいと思います。ただ、多くの人が良いと言っているからというような理由で選択してはいけません。先生との相性というのもあるので、本当に自分にとって役に立つと思った講座を取るようにしてください。

また、中高一貫校に通っている人向けにはなりますが、中学校の間は学校の授業をきちんと受け課題を完璧にこなし、遅れをとらないことが最も重要だと思います。高校に入ってから大学受験を意識するというので遅いということはないと思います。ただ、科学オリンピックに出場したいと思っている場合やどうしても学校より早く深く学びたいと思っている場合は、学校のことをきちんとこなしたうえで、自分で学習することはよいことだと思います。

現在僕は、“Men for others, with others”の精神を胸に将来は薬学部に進学し、創薬研究を通じて世界中の人のために活躍したいと思っておりますが、教養学部の時点でほかに興味があることが生まれたらほかの道を選択することになるかもしれません。どんな選択をしても後悔しないようにこれからも努力し続けようと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

最終の志望校を決める時に医学部と東大で迷っているとそれぞれのメリット・デメリットを挙げてくださったり、自分の将来像について相談したりできたのが心強かったです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方は年齢が近いこともありとてもフレンドリーに接してくれて友達のようでありながらも、志望校のことや大学生活のことなど不安なことや悩み事があった時には親身に相談に乗ってくれてありがたかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

返却が早いので自分の答案を忘れる前に復習できるのがよいと思います。活用法としては返却前に解答解説や解説授業でわからなかった問題を中心に復習し、返却後に自信があったり高得点をとれたりしている問題も含めて自分の答案と解答とを比較するのがよいと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

高速学習により先取りできるから

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

自分のチームは自分と同じ学校の友達だけで構成されていたので、東進だけでなく学校でも切磋琢磨して高めあえる存在でした。それぞれ志望校は違えど皆合格という同じ目標をもっていたため、誰かが苦しい時には互いに寄り添って助け合うことができたのもチームの良いところでした。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

受験勉強を最後までやりきるにはやはり体力が不可欠なので部活と受験勉強を両立してきたことで得られた忍耐力と体力は引退してからの受験勉強を乗り越えるのに大変役立ちました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

合格後の自分の姿を想像したり、友達や担任助手の方と話したりしました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

東京大学には全国から多様な価値観を持った人が集まるので自分の知見を広げることができると思ったからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分の弱みを認識し改善を図る自己研鑽になりました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

薬学部に進学し創薬研究などに携わることを通して医療にアプローチすることで多くの人に貢献したいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
解説授業がすべてついているので、わからない問題があったときに理解がしやすい

志望校別単元ジャンル演習講座
自分の苦手な分野がAIによって客観的に分析されることで最短で対策できた

東進模試
返却が早いため復習しやすい

Q
おすすめ講座
A.

【 数学の真髄-基本原理追究編-文理共通 PART1 】
青木先生の授業では定理や数式の意味、論理などを丁寧に解説してくださるのでまさに数学の「真髄」を学ぶことができます。数学の問題を解くときの着眼点や頭の使い方を理解することができるので、見たことのない問題に出会ったときに焦ることなく対処できるようになりました。

【 ハイレベル物理 力学 】
苑田先生は詳しく教えてくださるので暗記物理を脱して物理を根本から理解できたように思います。ときにハイレベルすぎてすぐには理解できないこともありますが、興味深い話を聞けるので物理に興味がある人は受講する価値があると思います。

【 東大対策国語 】
20コマで東大の国語で要求される力を現代文、古文、漢文すべて理解できるので最短で対策の仕方がわかりました。林先生の授業では現代文における傍線部分析の大切さや、回答根拠の拾い方などそれまでに自分が意識できていなかった部分が明確になり実力の向上を感じました。栗原先生や三羽先生の授業では古文漢文での設問の答え方の練習になりました。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11