ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

九州大学
工学部Ⅴ群(建築学科)

no image

写真

益田葵くん

東進衛星予備校佐賀駅前SI校

出身校: 佐賀県立 致遠館高校

東進入学時期: 高1・3月

九大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

受験を終えた後、受験へ向けた自分の頑張りに後悔をしないように

 東進には高校一年生から通っていました。受験期以前は学校帰りや休日の午後から受講、高速マスター基礎力養成講座、学校の課題等を行い、受験期にはできるだけ毎日通って休日は開館からひたすら演習をするという勉強をしていました。

教科ごとの活用法について、国語は学校で古典の基礎をしっかりして東進で直前に過去問演習講座を行い、地理も過去問演習をたくさんして間違えたところやその周辺知識を復習し直しました。英語は東進の受講で文法や構文のとらえ方、長文読解を学んで同時に高速マスター基礎力養成講座で英単語の学習をし受験期には演習中に出た知らない英単語を自分でまとめて、前日までそれを使って英単語の勉強をしました。数学は東進で先取り学習をし学校の授業中に復習をし、発展的な力は高2時の定石問題演習講座や直前期での学校の演習や東進の第一志望校対策演習講座で解き方を学びました。物理、化学は東進の受講でしっかりとした理解を深めて、学校で定着の確認をしていました。

大学受験は今までの人生の中で一番努力をしたイベントでした。受験が終わった後に合格してもしなくても受験に向けた自分の頑張りに後悔をしないようにという考えを常に持ち続けながら勉強していました。中学時に先生が話してくれた「試験会場で結果がどうであれ自分の最大限の力を出して、自分なりに満足のいく答案を作れたと思ったら合格していた」というエピソードや高校三年時に担任の先生が「大学受験でたくさん努力をしたからその後ちょっと辛いことがあっても乗り越えられる」とおっしゃっていたことに影響を受けた考えで、この考えのおかげで怠けそうなときや伸びが感じられず落ち込みそうなときにもモチベーションを保ち努力を続けられたと思います。

もう一つのモチベーションを保つことが出来た要因は、志望校合格を意識し続けたことだと思います。直近の模試結果や、東進や学校での演習結果を時々思い出してまだ合格に届かなそうときでも焦燥感や勉強をしないことに対する罪悪感をモチベーションに変え、結果が良かったときは精神的に楽な状態となることで体力も増えるので全力で勉強に打ち込めました。

時期別の勉強法としては、
『受験期前』受験中心の生活になる前は、直前期にできるだけ前の内容に戻らなくていいように覚えておくべきことや理解しておくべきことを完璧にする意識で取り組むのが大事だと思います。
『受験直前期』共通テストの演習が始まる前は教科ごと、単元ごとの自分の苦手をなくすような勉強をして共通テスト演習に入ったらできるだけ多くの演習をこなして形式に慣れておくことが大切だと思います。共通テストが終わってから二次試験に頭を切り替えるのに時間がかかってしまうので、共通テストの演習中でも理科など問題の系統があまり変わらない科目は二次試験の演習も時々しておく方がいいです。共通テストが終わった後はできるだけ早く頭を切り替えて二次試験の勉強を始めるのが大事だと思います。

無事に合格することができ長かった受験勉強を経て、今までで一番大きな達成感を得られました。何か一つ大きな成功体験を持っておくことで今後の課題に取り組む勇気に繋がったり、自分を励ます自信になったりすると思うのでこの受験を通して大きな経験が得られたと感じます。今後は一級建築士の資格を取り、就職して、親孝行することを目標に頑張っていきたいと考えています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校別単元ジャンル演習講座などでどの問題を重点的に復習したらよいかを伝えてくださったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

ちょっとしたわからないことを聞いてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

一般生も受験しに来たり他の学校の東進生も受験しているので本番により近い。周りがいつもと少し違うという環境で受けられる。

Q
東進を選んだ理由
A.

偏差値の高い大学に進学するため。中学時の塾の高等部だったから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

受験期に問題についての意見交換や対策演習のいい活用法の共有をしたりできてよかった

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

今まで調べたことのないような職種のことを深く知ることができました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

悩んで落ち込んでいても合格者との差は開いていくだけだと考えて、気持ちを切り替えてとりあえず勉強した

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

勉強をしないことに対する罪悪感

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

志望校は早くから考えていたが、高校生活を通して自分の学力が上がるにつれ大学の偏差値を上げていくことができ、最終的に今の志望校になった

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

将来の自分の助けになるもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

建築物を通して地域の人々のつながりに関与したり環境問題等の日本や世界が抱える問題に貢献したいと考えています

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
校舎に来校してなくても、これを進めて英単語勉強をすることができる

志望校別単元ジャンル演習講座
いろいろな大学のいろいろな年代の過去問が解けるので学校での演習と問題が被ることが少なく、自分で問題を過去問の本や参考書等から選ぶ手間が省けたことで演習量を確保できました

過去問演習講座
自動採点してくれるので時間効率も良くなり、解説授業もあるから復習もしっかりとできたし、共通テストの傾向にも慣れることができた

Q
おすすめ講座
A.

【 難関物理 PART1 】
疑問になるようなことへの解説が充実していて、問題の難易度も高くこの講座で物理力が大きくつく

【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】
過去問をたくさん解くことで独特の形式に慣れることができる。点数が一覧で表示されるので自身の伸びを感じることもできる。

【 難関化学PART2 】
単元別に覚えないといけない知識を分けて伝えてくれる。高校範囲ではない知識でも簡単に説明してくれ理解を助けてくれる。なぜこの現象が起こるのかの原理を教えてくれる。

九州大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5