ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

九州大学
芸術工学部芸術工学科/未来構想デザインコース

no image

写真

深田美晴さん

東進衛星予備校浜松北高前校

出身校: 静岡県立 浜松北高校

東進入学時期: 高2・4月

九大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

東進の先生が前向きな言葉をかけてくれて志望を貫くことができ、本番で初めて納得のいく点数を取れた

 私は高校一年生の時にこの学部を知り、理系に進むことを選びました。
高校に入ってから自分に合う勉強方法がわからず、高二の春に東進へ入ることを決めました。

中学生の頃から英語が一番の苦手教科でしたが、高速マスター基礎力養成講座の英単語を毎日続けていたらいつのまにか単語がわかるようになっていき、共通テストや二次試験の長文が読めるようになっていました。単語力のおかげで英語に自信がつき、安定して点を取れるようになりました。

三年の秋頃になっても模試で目標としていた結果が出ることはなく苦しい毎日でした。この学部を目指すことを諦めようかと考えていた時、東進の先生が前向きな言葉をかけてくださったおかげで志望校を貫くことができました。問題演習をする中で、基礎的な内容が完璧でないことに気付き、1から物理と化学の教科書を読み直しました。周りの同級生に流されず、自分の実力に合った勉強をすることが大事だと思います。

12月の共通テスト本番レベル模試でも思うような点数が取れませんでしたが、ひたすら共通テスト形式の演習を行うことに集中しました。ゲーム感覚で向上得点を伸ばしていくことが、不安と焦りの中で唯一の自信に繋がりました。そして、本番で初めて納得のいく点数を取れました。その後は二次試験に向けて過去問演習や単元ジャンル演習をとにかく続けました。志望コースの倍率が7倍と知った時は驚きましたが、最後まで自分が憧れている学部を諦めず全力を出し切って結果を出せたことが本当に嬉しいです。

私はテクノロジーを用いた体験型のアートの設計に興味があります。大学では授業やサークル活動を通して多くのアイデアや学問に触れ、学んだことを映像やイラスト、音楽、文章などで常にアウトプットし続けたいと考えています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進を選んだ理由
A.

固定された時間ではなく自分の生活ペースに合った映像による授業を受けられることに魅力を感じたから。また、校舎の自習スペースの雰囲気が落ち着いていて集中できる環境だったから。

九州大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3