ページを更新する ページを更新する

合格

2553人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

九州大学
工学部Ⅲ群(融合基礎工学科/機械電気コース、機械工学科、航空宇宙工学科、量子物理工学科)

no image

写真

中西煌平くん

東進衛星予備校桑名中央町校

出身校: 三重県立 桑名高校

東進入学時期: 中3・3月

所属クラブ: 軟式野球

引退時期: 高3・4月

九大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

合格の秘訣は「自分は合格できる」と絶えず思い続けること

 高校3年の4月に学校の行事でJAXAに行く機会があり、そこでロケットの製作をしたいと思い、自分のやりたい分野のある九州大学を志望校に決めました。学校での研究活動が高3の夏まで続いたので、勉強との両立が難しかったです。

また、苦手な教科に時間をかけても伸びなかった時が辛かったです。九州大学に入ったらやりたいことができる、と考えることでモチベーションを高めていました。高1,2の時はやる気がほとんど無く、成績もよくなかった自分を東進の担任の先生や担任助手の方がたくさんアドバイスをくださり励ましていただきました。勉強のライバルはたくさんいました。模試の結果を共有しあってお互いにアドバイスしたり、成長したところを褒めたりすることでやる気を維持できました。諦めない限りは高い目標でも達成できるということがわかったのでこれからも高い目標を持っていきたいです。

東進のおすすめコンテンツは過去問演習講座です。解説授業がついているので、理解できないまま終わってしまうことがほとんどなくとても良かったです。合格の秘訣は「自分は合格できる」と絶えず思い続けることです。そして志望校を目指す理由をしっかりと持っているとモチベーションを維持しやすくなります。特に担任助手の方に感謝しています。自分が目指している学部に入っているので、各教科の質問に加えて将来やりたいことの相談も多くでき「君なら大丈夫」といつも励ましてくれてありがとうございました。

将来はロケットの材料に関する研究をしてより良い性能を持つロケットを製作し、宇宙開発を進めることで地球上の生活をより豊かなものにしたいと考えています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

やる気がほとんどなく、成績も良くなかった自分に対して、たくさんのアドバイスを通じて成長させてくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分が目指している学部に通っている先輩に、各教科の質問に加えて、将来やりたい事の相談も多くでき、「君なら大丈夫」といつも励ましてくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

学校での研究活動と勉強との両立が難しかった。苦手な強化に時間をかけても伸びなかった時が辛かった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

九州大学に入ってからできることや、やりたいことを考えることでモチベーションを高めていた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

学校行事でJAXAに行く機会があり、そこでロケットの制作をしたいと思い、自分のやりたい分野のある九州大学を志望し始めた。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

諦めない限り高い目標でも達成できるということが学べたもの。これからも目標は高く持っていきたい。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

ロケットの材料に関する分野の研究をすることで、より良い性能を持つロケットを制作に携わり、宇宙にあるもので地上での生活をより良いものにしたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
過去問を進めることで、普段していることよりもレベルの高い内容を学べた。

担任指導


Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 九州大学(全学部) 】
解説授業がついているおかげで、理解できないまま終わってしまうことがほとんどなかったのでとても良かった。

【 過去問演習講座 大学入学共通テスト対策 】


九州大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3