合格

ぞくぞく公開中!1550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
文化構想学部

no image

写真

田中美帆さん

東進ハイスクール志木校

出身校: 蕨高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 英語部 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

自分の弱点を把握すること、単語や一問一答を空き時間にたくさん活用することが大事

 今年の受験生は、コロナによる臨時休校、共通テスト実施、など初めての経験が多く、不安だし先も見えないような辛い受験期を強いられました。そんな状況で私が周りと差をつけることが可能だったのは、本当に東進のおかげだったと思っています。

東進も一時閉館することが決まった際、私は、自分だけで勉強することにとても不安を感じました。実際、自宅での勉強は誘惑も多く、仲間の存在もないので本当に大変でした。けれども東進志木校では、起きた時間を報告しあい、周りの受講状況などのランキングを逐一提示してくださったので、自分の勉強のモチベーションに繋がり、一日に平均15時間以上の勉強時間を確保することができました。この勉強習慣は最後まで本当に活きました。

一日15時間勉強することはやみくもに学習に取り組んでいるだけではとても大変でした。ですが、担任助手の方が伝授してくださった「やることをリストアップする方法」を実践することで、自分のやるべきことが明確になり無駄のない勉強を行うことができたと思います。

また、私にとって担任助手の方は大きな支えであり、指針でした。志望校の選択に迷ったときには背中を押してくださり、考えもしていなかった、夢の早稲田大学に合格することができました。学習方法については、綿密な勉強計画設計と早稲田向けの勉強の仕方を伝授してくださったので、迷うことなく合格の最短距離を知ることができたと思います。

~私自身の勉強方法~
音読→英語の長文を英語を読みながら日本語で頭の中で自然に訳せるようになるまで音読しました。日本史でも流れの理解がより深まるし、音で覚えられので有効でした。音読スペースを活用しました。

高速マスター基礎力養成講座→何が何でも合格したかったので、無理やりでも自分なりにこじつけて暗記したのがすごく記憶に定着しました。並び替えは文法の練習になるし、特に熟語は文で使用方法が提示されるし、類似の熟語もでてきたので良かったです。繰り返し間違えたところができる点もよいと思います。

電子辞書→知らない単語に印をつけて置き、何度も目を通しました。日本史の人物の理解を深めるにもとても便利だと思います。

~来年の受験生へ~
健康が一番大事です。基礎的なこと(睡眠や食事)をおろそかにしないようにしてください。過去問をたくさん演習し、自分の弱点を把握すること、単語や一問一答を空き時間にたくさん活用することが大事だと思います。努力は報われます。頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

計画をしっかり立てるので、計画性をもって合格までの最短コースで勉強できる。担任の先生がとてもカリスマだったので自分の勉強に迷わず一直線で頑張ることができた。優し言葉がけにとても励まされた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

年も近いので相談がとてもしやすかった。先生方の存在がすごくモチベーションになった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

解説がわかりやすい。校舎での自分の立ち位置や成長を実感できるのでモチベーションに繋がる。模試後の面談で担任助手の方とどのように対策すべきか考え、その都度勉強方法を修正できたので良かった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

サポートが充実していると思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

仲間でもあり、勉強面ではよいライバルとして刺激を受けながら、学習を続けることができた。グループ・ミーティングでの何気ない会話がすごく力になった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

英語に親しめた。多様な価値観を知れた。英語の学習のモチベーションアップになった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

あんまりスランプと思うことはなかった。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

志望校合格楽しんで入試問題に取り組む。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛かったが、結果が出るごとに成長を実感できて楽しかった

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

受験で培った幅広い知識を糧に、多様な価値観を認めながら、誰かのサポートをしたり、力になれる存在になりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
解説授業、解説がとても分かりやすかった。大問ごとに解説授業があったので、過去問の見出しを活用しながらニガテ対策にすごく有効だった。

高速マスター基礎力養成講座
遊び感覚でできるのに加え、よく間違えてしまうのを何度も演習できるので記憶の定着に繋がった。特に熟語の演習は類似の熟語や文での使用例も提示してくれるので良かった。

志望校対策特別講座
受験前の時間に余裕がない中、効果的な志望校に直結する演習を重ねることができたのでとても便利だった。自分が何割とれているべきなのかを提示してくれる点、何度も復習できる点がとてもよかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 早稲田大学文化構想学部 】
解説授業が分かりやすい。過去問の見出しを利用すると、より効果的な勉強できます。英作文の添削指導をしてくれる点も良い。

【 過去問演習講座大学入学共通テスト対策 】
いろんな出題形式の問題を何度も演習できる点がよい。模試の勉強にも役立つ。特に大問別演習は苦手な分野を集中的に対策できるし、解説がわかりやすいので、回答までの手立てをつかむのにとてもよかった。なかなかできないリスニング対策がたくさんできる。

【 金谷俊一郎の日本史ラストプラスα 】
入試直前の確認の時にとても役に立った。自分でも気づかないような間違えやすい点を補強できる。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 53