ページを更新する ページを更新する

合格

2550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
商学部

no image

写真

宮川朗くん

東進ハイスクール池袋校

出身校: 東京都 私立 獨協高校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: 高校生徒会 副生徒会長

引退時期: 高2・3月

全国有名国公私大模試

この体験記の関連キーワード

受験が終わった際に自分が受験を全力でやり切ったと思える受験生生活を

 僕は、東進ハイスクールに高校二年生の夏から通い始めました。この時はまだ勉強や受験に対して意欲がなく、受講を全然進めることができませんでした。しかし、担任助手の方が勉強をするための意義や勉強とどのように向き合うかなどを面談を通じて教えてくださり、自分も勉強を精一杯することができました。

高校三年生になると受験学年になり、自分も東進ハイスクールの合格のために設定された登山ルートにある夏に共通テストの過去問10年分や、二次私大対策、秋に始まった志望校別単元ジャンル演習講座や冬に始まった第一志望対策演習などを精一杯こなしました。過去問演習講座 国公立二次・私大対策がとてもよかったです。私大の日本史は過去に出題された人物や事件が再度出題されることが多く、10回分の過去問で傾向を理解することができました。僕の場合は、過去問で解いた他校では出題頻度の低い人物が実際に試験で問われました。

また、志望校別単元ジャンル演習講座は校舎での演習数一位になり続けることができました。この志望校別単元ジャンル演習講座のおかげで様々な問題に出会うことができ、自分の欠けている日本史の知識や、英語の熟語や文法などを見つけることができとてもよかったです。また、莫大な演習のおかげで試験の際も緊張感が少なく、リラックスして受けることができました。

自分が受験中意識していたことは、落ちる理由を作らないということです。受験が終わった際に自分が受験を全力でやり切ったと思える受験生生活を理想としていました。なので、長期休み中の在校時間や朝登校や向上得点など小さなことからコツコツと積み重ねていくのが大事だと思います。自分は大学で簿記や会計など様々なことを学んで人を笑顔にすることのできる職業に就きたいと考えています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任の先生は自分が東進に入学してから自分の勉強の進み具合や何か問題が起きていないかなどを会うたびに話しかけてくださり、志望校選びや勉強のモチベーションなどについても逐一面談してくださいました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方は入学から三人の方に持っていただきました。一人目の担任助手の方は、当時部活や委員会でなかなか受講や英語の高速マスター基礎力養成講座を進められない間、朝起きて勉強をするなど勉強を止めないよう助言をしてくださりました。二人目の方は、三月末受講終了に向けてどうすれば受講のペースを保ちつつ知識として活用できるのかなどや、受験までの逆算の意識を教えてくださりました。三人目の方は、自分の志望する大学群の受験の話・勉強のモチベーション・最後まで全力で受験を駆け抜けるための極意などを教えてくださり合格に導いてくださいました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試は、共通テストの形式の問題で自分がいま受験生の中でどの立ち位置にいるのかを理解するいい機会になります。また、それぞれの模試に解説授業がついており復習をすぐ行うことができます。また、マークミスや問題冊子への回答記入の練習の場としても最適です。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

親の勧め

Q
東進を選んだ理由
A.

僕が東進を選んだ理由は、東進が部活との兼ね合いに最適だったことと、勉強が遅れていたことです。僕が高校二年生のころは、部活や委員会など様々な組織に所属しており、決まった時間に講義が始まる予備校に行けない状況でした。その中で東進ハイスクールは、映像による授業であり時間の管理が柔軟にできたため、部活と大学受験勉強の両立に最適でした。また、自分は英語が高校で遅れていたこともあり、基礎から英語を教えてくださる点も魅力的でした。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

チームミーティングで志望校の問題傾向や互いにどのように勉強しているのかについて話すのが楽しかったです。受験生の長期休みになると学校の友達と話さなくなるのでチームミーティングを心待ちにしていました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

受験期になるとチームミーティングがなくなり一人で勉強する時間が多くなりメンタル的にきつかったです。たまにチームミーティングの友達と会った時に一緒に慰めあって何とか乗り越えました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

落ちる理由を作りたくないと考えていました。仮に第一志望に落ちた時にすべてをやり切ったから後悔はないと言うことができるように無我夢中で勉強していました。勉強にくじけそうになった時は好きな日本史を解いたり基礎を解くなどとにかく机に向かい続けるよう意識を持っていました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分は中学受験の時に第一志望の大学の附属の中学校に落ちておりリベンジしたいと思っていました。また、将来なりたい職業に多くの人を輩出しているため行きたいと思いました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分自身が努力をできることを確認することができました。今までは学校の定期試験でも真ん中ぐらいの順位でしたが、受験勉強を通じて学校での順位が上位に入り込むことができました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

僕は将来たくさんの人を笑顔にすることができる職業に就きたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校別単元ジャンル演習講座
志望校別単元ジャンル演習講座は、それぞれの志望する大学に合わせて最適な問題を演習することができます。ほとんどの問題に解答や解説があり、採点も自動や提出にかかわらずすぐ復習をすることができ、自分の足りない知識を埋めることができます。

チーム制
チームミーティングでは同じ志望校群の人とチームミーティングになることが多いです。なので自分と同じ大学を志望している人と大学の情報を交換したり受験勉強の息抜きとしてチームミーティングで会話をすることができます。受験生の間は一人で勉強をすることが多いので誰かと会話することでメンタルを保つことができます。

Q
おすすめ講座
A.

【 基礎からの的中パワーアップ古文 】
古文の基本的な文法を勉強することができます。自分は助動詞の基礎からわからなかったのですが、先生が何度も助動詞や活用を音読するので自然と古文の文法が頭に入りました。また、このテキストは受験会場にも持って行って国語の直前に復習するのに最適です。

【 スタンダード日本史B PART1 】
金谷先生のスタンダード日本史は入試の基礎から発展的なことまで幅広く時系列順の日本史を教えてくださいます。ただやみくもに年代を暗記するだけでなくなぜその事件が起きたのかということなどを因果関係や時代背景をもとに学ぶことができます。また、金谷先生の日本史一問一答と組み合わせると自分のわからない分野を発見し復習することができ、おすすめです。

【 志望校別単元ジャンル演習講座 】
志望校別単元ジャンル演習講座は、様々な分野や問題形式などを選択して演習をすることができます。更にAIが過去問の結果や模試の結果から苦手分野を選択して必勝必達セットとして選んでおり、自分の苦手な分野を克服する手助けをしてくれます。

明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 18