ページを更新する ページを更新する

合格

2550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
情報コミュニケーション学部

no image

写真

高橋こころさん

東進ハイスクール海浜幕張校

出身校: 千葉県立 幕張総合高校

東進入学時期: 高2・11月

所属クラブ: ダンス部 副部長

引退時期: 高3・6月

全国有名国公私大模試

この体験記の関連キーワード

まずは自分が受験する科目の全体像を把握することを優先する

 受講と高速マスター基礎力養成講座・無駄を減らした勉強法の2つについてお話していきたいと思います。

まず、受講・高速マスター基礎力養成講座の進め方についてです。私は高2の11月に東進に入学しました。高3の6月までダンス部に所属していましたが、この期間はとにかく基礎的な受講をがんがん進めていくことが大事です。細かい復習などはいったん置いておいて、まずは自分が受験する科目の全体像を把握することを優先することをおすすめします。私は、高3の7月までに基礎的な講座をすべて終わらせました。こうしたおかげで、8月は、全体像を把握したうえで大問別演習や、参考書をじぶんのペースでどんどん進めることができました。

次は高速マスター基礎力養成講座についてです。単語帳を一冊自分で一周しきるよりも、高速マスター基礎力養成講座をするほうが、自然と受験単語に一通り触れることができます。結果的に早く単語が習得できるので、まずは担任助手の方と相談したペースでクリアするようにしましょう。

私は部活を引退後3か月間は、登校するときや学校から東進に行くときなどすべての時間を勉強に費やしました。こうすることで、それまで部活などで全く勉強をしていなかった人でも、そこから無駄な勉強法なのかどうかを判断することができます。私が考える無駄を減らすための第一歩は、自分がなぜその問題を間違えたのか、それを勉強するうえで形式上の勉強をして満足していなかったかどうかを明確にし、次の学習に生かすようにすることです。これをすることで、自己満足の勉強に陥らずに済んだと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私の担任の先生はだいぶスパルタ指導をしてくださったので、勉強習慣が身についていなかった私にとっては本当にありがたかったです。自分を変える努力よりも厳しい環境に身を置くことを意識したほうが効率的だと思います。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

同じ部活の先輩だったこともあり、部活のスケジュールを理解した上で受講ペースを調整してもらえました。また、受付で声をかけてくれたので、自然と気分をリフレッシュできました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

周りが受験勉強を始めていて、自分もそろそろ塾に入りたいと思ったから

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
高校1、2年生のうちに共通テストを体験しておくことで、ほかの同級生よりも早く実力に気づけて有利だから。

その他
夏期合宿。夏までほとんど勉強していなかったが、強制的に勉強する環境に身を置くことができるため、勉強習慣が身についた。

高速マスター基礎力養成講座
単語帳を一冊自分で一周しきるよりも、高速マスター基礎力養成講座をするほうが、自然と受験単語に一通り触れることができた。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード世界史Ⅰ~Ⅳ(古代から近世へ) 】
授業の間に世界各地の写真を用いた雑談を挟んでくれるため、飽きずに楽しんで受講できました。また、授業の最後に入試問題を出題されるので実践的な知識を身に着けることができました。

【 入試直前まとめ講座 古文のまとめ 】
覚えやすい語呂合わせを教えてくれたので自然と文法や単語の知識を身に着けることができました。体で覚えるほうが緊張している試験本番には有効です。

【 基礎からの英文法・構文 】
この講座は英文法の知識がない人でも、丁寧な解説と音読の反復で、自然に身に着けられるようになります。英文法は受験英語において、土台となるものなので確実にしましょう。

明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3