ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

今日の格言・Today's Proverb
今日の格言・Today's Proverb

物事、小事より大事は発するものなり。油断すべからず。

伊達政宗

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×

これは独眼竜政宗の異名で知られ、仙台藩初代藩主として東北の繁栄を築いた伊達政宗の名言です。この言葉は「小さな過ちの積み重ねが大きな過ちを生み出すため、普段から油断は禁物である」という意味です。皆さんもこのことを実感したことがあるのではないでしょうか。


例えば、一日のうちのたった数分の勉強時間の差が、いずれは合否の差となって表れたり、料理をしていて、ちょっとした妥協の積み重ねが味を大きく左右したりと、小さなことが持つ影響力を実感したことはあるはずです。ふとした時の油断が大きな失敗につながったという経験を持つ人も少なくないのではないでしょうか。今を生きる私たちでも油断の怖さを知っていますが、戦の絶えない戦国時代に生まれた彼は、「油断は大敵だ」という認識を私たち以上に持っていたのでしょう。


私たちも、油断をして小さなミスを頻発したり、失敗をささいなことだからと妥協したりしていませんか。そのように小さな過ちを見過ごしていると、そこからいずれ大きな過ちが生まれかねません。普段から、小さなミスもしないように気を引き締めていると大きなミスは生まれにくいですよ。


偉人画像

伊達政宗

伊達 政宗(だて/いだて まさむね)は、出羽国と陸奥国の武将・戦国大名。伊達氏の第17代当主。近世大名としては仙台藩の初代藩主である。

(wikipediaより一部抜粋)

伊達政宗のその他の格言

□時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ。

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > 今日の格言(名言)
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール