ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ

行き詰まりは展開の一歩である。

吉川英治(小説家)

吉川英治(小説家)

昭和を代表する歴史文学作家、吉川英治の言葉です。戦前から戦後にかけて数々の名作を残し、1935年から連載を開始した「宮本武蔵」は1984年から1985年にかけてNHKで大河ドラマ化され、大きな人気を博しました。そんな人気作家の彼ですが、その人生は行き詰まりの連続でした。1892年に旧小田原藩士吉川直広のもとに生まれた英治は、貧困に苦しみ、それは自立して浅草や大連に移り住んでも変わることはありませんでした。


しかし、英治は決して屈することなく職を転々とし、東京毎夕新聞社に入社した時、ついにその文才を発揮することとなります。そして、関東大震災後、講談社や毎日新聞の依頼により、「坂東侠客陣」、「神洲天馬侠」、「鳴門秘帖」などを執筆し、多大な読者を獲得しました。これにより作家として自立した英治は、1935年、ついに代表作「宮本武蔵」の連載を開始します。これは歴史的大ヒットにより4年間の長期連載となり、太平洋戦争下の国民の心に呼応し、大衆小説の代表作とまで呼ばれるようになりましたが、敗戦後、その衝撃から筆を止めてしまいます。


しかし、親友の菊池寛の説得によりようやく執筆を再開し、敗戦した平家と日本を重ね合わせた「新・平家物語」の7年にも及ぶ連載で第1回菊池寛賞を受賞し、作家としてスタートを切りました。その後も「新太平記」、「新・水滸伝」など名作を残し、70歳でこの世を去ることとなります。


貧困に屈することなく歩み続け、その後の敗戦による衝撃によって一度筆を止めるも、執筆を再開し、生涯にわたって数々の名作を生み出し続けた英治。「行き詰まりは展開の一歩である」。この言葉は、一度筆を止めた彼がその後新たな発想を得、新たな作品を生み出したように、大きな壁に直面して立ち止まるあなたの背中を押してくれるでしょう。


いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×
吉川 英治の画像

吉川英治

吉川 英治(よしかわ えいじ、1892年〈明治25年〉08月11日 - 1962年〈昭和37年〉09月07日)は、日本の小説家。本名、吉川 英次(よしかわ ひでつぐ)。現在の神奈川県横浜市中区出身。

(wikipediaより一部抜粋)

吉川英治のその他の格言

□逆境を転じて、その逆境をさえ、前進の一歩に加えて行く

東進からのおすすめ

人物リスト

あ行の人物

か行の人物

さ行の人物

た行の人物

な行の人物

は行の人物

ま行の人物

や行の人物

ら行の人物

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > 吉川 英治の名言
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール