ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ

一日一生。一日は貴い一生である。これを空費してはならない。

内村鑑三(思想家)

内村鑑三(思想家)

1861年に武士の家の長男として生まれた内村鑑三の言葉です。

内村鑑三は、新渡戸稲造や第24代総理大臣の加藤高明らを輩出した札幌農学校を卒業し、教員時代には教育勅語の奉読会において明治天皇の親筆の署名に最敬礼をしなかったことが問題とされた「内村鑑三不敬事件」で知られています。


また、内村鑑三は日露戦争の際、非戦論を唱えたことでも有名です。日清戦争を支持していた内村ですが、その戦争が国内外に与えた悪影響を痛感し、それ以来平和を望むようになりました。日露戦争開戦前には、キリスト教を信じる立場から戦争に反対しました。


皆さんは「一日」をどう捉えて、どう過ごしているでしょうか。内村鑑三のこの言葉は、「一日は長い人生の中のちっぽけな一部では決してなく、貴重な時間だ」という教訓を伝えています。

毎日を、たかが一日と浪費するのではなく、いかにして生きるかを真剣に考えることが大切だとわかりますね。

アメリカへの留学や二度の対外戦争を経験し、目まぐるしく社会情勢が変化した明治時代の初期を生き抜いた内村鑑三だからこその重みのある言葉です。


いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×
内村 鑑三の画像

内村鑑三

内村 鑑三(うちむら かんぞう、万延2年02月13日(1861年03月23日)- 昭和5年(1930年)03月28日)は、日本のキリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者。福音主義信仰と時事社会批判に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えた。「代表的日本人」の著者でもある。

(wikipediaより一部抜粋)

内村鑑三のその他の格言

□清潔、整頓、堅実を主としなさい。

東進からのおすすめ

人物リスト

あ行の人物

か行の人物

さ行の人物

た行の人物

な行の人物

は行の人物

ま行の人物

や行の人物

ら行の人物

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > 内村 鑑三の名言
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール