ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ

失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい。

松下幸之助(実業家)

松下幸之助(実業家)

この言葉は、現在のパナソニックを一代で築き上げた経営者である松下幸之助が遺しました。 生涯で様々な功績を残し「経営の神様」とまで評されている彼ですが、その人生は順風満帆なものではありませんでした。


松下は、貧困により幼少期から丁稚奉公に出され、火鉢店、自転車屋などで働きながら経営のノウハウを学びます。そして松下電器産業を創立し、様々な商品を発明・販売します。創業当初は何度も経営に失敗し、松下家以外の従業員が全員辞めてしまうなど、倒産の危機に陥ったといいます。しかし、それでも諦めずに経営の再建に努め、現在では世界的にも有名な企業へと成長を遂げました。


皆さんも、新しいことに挑戦する時、失敗してしまうのではないかと不安や恐怖を感じる人は多いのではないでしょうか?しかし、一歩を踏み出して挑戦してみることで、自分の思い通りの結果にならなかったとしても、成功に近づくために必要な知識や経験を得ることができます。もちろん見通しや計画を立てることは大切ですが、勇気を出してまずは行動してみることが大切です。


新しい物事に挑戦する勇気が出ない人は、何回失敗を繰り返しても可能性を信じて発明を続けた彼のように、失敗を恐れず一歩踏み出し、成功に向けて奮闘してみましょう。


いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×
松下 幸之助の画像

松下幸之助

松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 - 1989年〈平成元年〉04月27日)は、日本の実業家、発明家、著述家。位階は正三位。

(wikipediaより一部抜粋)

松下幸之助のその他の格言

□万策尽きたと思うな。自ら断崖絶壁の淵にたて。その時はじめて新たなる風は必ず吹く。

□失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければそれは成功になる。

□失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければそれは成功になる。

□無限に発展する道はいくらでもある。要はその道を探し出す努力である。

□叱ってくれる人を持つことは大きな幸福である。

□失敗とは成功する前に止めること。成功するまで続ければ必ず成功する。こけたら、立ちなはれ!

□逆境もよし、順境もよし。要はその与えられた境遇を素直に生き抜くことである。

東進からのおすすめ

人物リスト

あ行の人物

か行の人物

さ行の人物

た行の人物

な行の人物

は行の人物

ま行の人物

や行の人物

ら行の人物

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > 松下 幸之助の名言
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール