ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ

やるべき事が明確であるからこそ、日夜、寝食忘れて没頭できる

豊臣秀吉

豊臣秀吉

天下統一を成し遂げた豊臣秀吉による名言です。

当時の武将としては珍しく、戦略家としての評価が高く、人を使うことに長けていたと言われる豊臣秀吉。

雪が降り積もる冬の日に、仕えていた織田信長の草履を自分の懐に入れて温めたエピソードが有名ですね。こうした気配りから君主に気に入られ、農民から出世を重ね、さらには天下統一を実現するまで上り詰めました。


相手の気持ちや心情を慮り、心を掴むのがとても上手かった様子が伺えますね。


豊臣秀吉の代表的なエピソードとして語られるのは「中国大返し」です。

織田信長が討たれたと一報を受け、岡山から京都までの230kmを10日間で移動し、明智光秀を討伐。君主のかたき討ちに成功します。


とても人脈を大切にしていた秀吉。

「織田信長のかたき討ち」という明確な目的があったからこそ、ここまでの行動力を発揮できたのではないでしょうか。


これをきっかけに豊臣秀吉はさらに勢力をつけ、それまで誰も成しえなかった天下統一を果たすこととなります。


こうと決めたら一心不乱に突き進むような強さを持っていたいですね。



いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×
豊臣 秀吉の画像

豊臣秀吉

豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体:豐臣 秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。

(wikipediaより一部抜粋)

豊臣秀吉のその他の格言

□負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。

□一歩一歩、着実に積み重ねていけば、予想以上の結果が得られる。

□やるべき事が明確であるからこそ、日夜、寝食忘れて没頭できる

□負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。

東進からのおすすめ

人物リスト

あ行の人物

か行の人物

さ行の人物

た行の人物

な行の人物

は行の人物

ま行の人物

や行の人物

ら行の人物

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > 豊臣 秀吉の名言
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール