ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ

あきらめないことだ。一度あきらめると習慣になる。

斎藤茂太(精神科医/随筆家)

斎藤茂太(精神科医/随筆家)

精神科医であった斎藤茂太さんの名言です。1916年(大正5年)に生まれた斎藤さんは、昭和医学専門学校を卒業後、慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程にて医学博士号を取得しています。


医学の道で大成した斎藤ですが、作家としても広く知られています。実際、医学の道に進む前は大学の文芸科に在籍していました。作家としての活躍もすさまじく、数え切れないほどの著作を世に残し、いくつものベストセラーを生み出しています。著作の分野は多岐にわたりますが、精神科医としての深い知識を活かし、特に心やメンタルに関する本を多く出版されています。


斎藤茂太さんは、作家としてのキャリアを歩む中で数々の名言を残しています。「あきらめないことだ。一度あきらめると習慣になる。」この言葉もそのうちの一つです。齋藤は、一度諦めてしまうとそれが悪い癖となり、あきらめることが習慣化してしまうと言っています。「辛くて立ち止まりたい」「行く先が不透明で諦めてしまいたい」何かに挑んでいる時、そう思ってしまう瞬間は少なからずあると思います。


しかし、どんなにつらくても、やると決めたことは最後まであきらめずにやり通す。そのような努力の繰り返しがきっとあなたを成長させます。


いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×
斎藤 茂太の画像

斎藤茂太

斎藤 茂太(さいとう しげた、1916年(大正5年)03月21日 - 2006年(平成18年)11月20日)は、日本の精神科医、随筆家である。愛称はモタさん。

(wikipediaより一部抜粋)

斎藤茂太のその他の格言

□いま何がないかより、いま何があるかで発想しよう

□「今はできない」を、「絶対できない」と間違えないように。

□焦らない。でも、あきらめない。

□「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのが、いい人生。

□いま何がないかより、いま何があるかで発想しよう

□大切なのは倒れないことより、すぐ起き上がることである。

□自分で自分をあきらめなければ、人生に「負け」はない。

東進からのおすすめ

人物リスト

あ行の人物

か行の人物

さ行の人物

た行の人物

な行の人物

は行の人物

ま行の人物

や行の人物

ら行の人物

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > 斎藤 茂太の名言
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール