ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある。

本田宗一郎(実業家)

本田宗一郎(実業家)

この言葉は輸送用機器メーカー本田技研工業の創業者である本田宗一郎の言葉です。

本田宗一郎は失敗を恐れず、何度も挑戦することで、成功をつかみ取った人物です。

日本の三大自動車メーカーの一つとなった本田技研工業を創設した本田宗一郎の人生とはどのようなものだったのでしょうか。


本田宗一郎は少年時代に抱いた「こんな車を作ってみたい」という夢を実現させています。

17歳でモータースポーツへの情熱をあらわにし、熱中していました。

1928年の4月にアート商会浜松支店を開業し、そこで若さと才能を発揮することになります。後に、「浜松のエジソン」と呼ばれる発明家ぶりを見せることで、修理工場の域を超えた仕事を次々に作り出していきました。そして、1936年に修理業ではなく、製造業への転進を計画することになります。


本田宗一郎は、失敗をしないことを誇るのではなく、倒れても起き上がり、解決するというところに意味を見出していました。失敗を繰り返し、何度も挑戦したからこそ、数々の成功をつかんでいたのでしょう。


失敗することを恐れたり、失敗したことで落ち込んでしまったりすることも多いと思います。しかし、その時にしっかりと起き上がり、改善していくことが大切です。


失敗してしまうことは誰にだってありますよね。失敗したからといって避けるのではなく、修正点を見つけて良い方向へ進んでいきましょう。乗り越えた先に成功へのカギがあるのではないでしょうか。多くの成功を自分のものにするためにも、何度も立ち向かい、挑戦していきたいものですね。



いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×
本田 宗一郎の画像

本田宗一郎

本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、(1906年(明治39年)11月17日 - 1991年(平成3年)08月05日)は、日本の実業家、技術者。輸送用機器メーカー本田技研工業(通称:ホンダ)の創業者。位階は正三位。

(wikipediaより一部抜粋)

本田宗一郎のその他の格言

□自分の力の足りなさを自覚し、知恵や力を貸してくれる他人の存在を知るのもいい経験である。

□失敗が人間を成長させると、私は考えている。失敗のない人なんて、本当に気の毒に思う。

東進からのおすすめ

人物リスト

あ行の人物

か行の人物

さ行の人物

た行の人物

な行の人物

は行の人物

ま行の人物

や行の人物

ら行の人物

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > 本田 宗一郎の名言
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール