ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ

ぼくはきっとできると思う。なぜならぼくらがそれをいま、かんがえているのだから。

宮沢賢治(童話作家/詩人)

宮沢賢治(童話作家/詩人)

宮沢賢治が「ポラーノの広場」という小説の中で用いていた言葉です。

詩人、童話作家、教師、科学者、宗教家など多彩な顔を持ちながら、病により37歳の若さで亡くなった宮沢賢治の人生とはどのようなものだったのでしょうか。


農業指導者として農民生活の向上に尽くす傍ら、自身の出身地である東北地方の自然や生活を題材に詩や童話を執筆していました。また、羅須地人協会を設立するといった農民のためになるような活動もしていました。

短い生涯で多くの短歌や詩、童話などの作品を遺しています。現在ではほとんどの作品が国内、国外問わず、親しまれていますね。しかし、宮沢賢治の作品が生前に刊行された著書は2冊だけ、生前は全くと言っていいほど評価されていなかったことがわかります。それでも数々の名作を遺していることで、多くの人の記憶に残る存在となっています。


今考えているということは、もうすでに自分の中である程度の用意があって実施できる状態にある。一方で、過去を遡って自分の経験や性格からできないと言っているということは、今のことではなく過去のことである。だからこそ、今考えている事柄は、必ずできるのだという宮沢賢治の思いが読み取れますよね。


みなさんも、できるかできないか悩んでしまうことはあると思います。しかし、そこで一歩踏み出し、不可能ではなく、可能にすることで自分自身にとって大きな財産になるのではないでしょうか。多くのことに挑戦していく姿勢を身に着けたいものですね。


いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×
宮沢 賢治の画像

宮沢賢治

宮沢 賢治(みやざわ けんじ、正字: 宮澤 賢治、1896年(明治29年)08月27日 - 1933年(昭和8年)09月21日)は、日本の詩人、童話作家。

(wikipediaより一部抜粋)

宮沢賢治のその他の格言

□苦難を避けず直進せよ

東進からのおすすめ

人物リスト

あ行の人物

か行の人物

さ行の人物

た行の人物

な行の人物

は行の人物

ま行の人物

や行の人物

ら行の人物

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > 宮沢 賢治の名言
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール