ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

今日の格言・Today's Proverb
今日の格言・Today's Proverb

負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。

豊臣秀吉

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×

この言葉は、農民の出身でありながら、武士となり天下統一を果たした豊臣秀吉が残した言葉です。

戦国の世に成功を収めた秀吉の人生はどのようなものだったのでしょうか。


豊臣秀吉は尾張国の貧しい農家に生まれました。秀吉の能力は織田信長に評価され、信長に仕えるようになりました。

そして、織田信長の死後、日本統一に向けて動き出します。山崎の合戦、賤ヶ岳の戦いなど次々に有力武将との戦いで勝利を挙げ、1590年に全国統一を果たしました。


太閤検地、刀狩令などその後の武士社会の基盤となる数々の制度も作り上げ、晩年には台湾出兵を計画するなど海外進出も視野にも入れるようになりました。秀吉は、決して最初から恵まれた環境にあったのではなく、自分の能力でのしあがることで天下人になったのです。


秀吉の全国統一までの道のりには、多くの困難があったはずです。それでも秀吉は「勝つ」と自分に言い聞かせることで実力を発揮させたのでしょう。


また、秀吉には人の心を掴む才能があったといわれています。秀吉が部下に対してもポジティブな声かけをしたことが軍全体の士気を高め、勝利へと導いたのかもしれません。


自分の気持ちを高めることは決して簡単なことではありません。

しかし、常に前を見据え、前向きな言葉を自分にかけつづける姿勢は、きっとあなたのプラスに働くはずです。


偉人画像

豊臣秀吉

豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体:豐臣 秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。

(wikipediaより一部抜粋)

豊臣秀吉のその他の格言

□やるべき事が明確であるからこそ、日夜、寝食忘れて没頭できる

□負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。

□一歩一歩、着実に積み重ねていけば、予想以上の結果が得られる。

□やるべき事が明確であるからこそ、日夜、寝食忘れて没頭できる

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > 今日の格言(名言)
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール