ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ

In the middle of difficulty lies opportunity.


訳:困難のうちにチャンスがある。
Albert Einstein(アインシュタイン)ドイツの理論物理学者

みなさんは壁にぶつかったときや困難な状況に陥ったときに、諦めてしまうことはありませんか。しかし、苦境にいるときこそチャンスを掴み取ることができるかもしれません。


“In the middle of difficulty lies opportunity.”という言葉は、「困難のうちにチャンスがある」という意味です。これは、ノーベル物理学賞を受賞したことでも知られるアインシュタインの言葉です。


アインシュタインは物理学において非常に画期的だった、特殊相対性理論を導いたドイツの理論物理学者です。また、彼は熱烈な平和主義者でもありました。第二次世界大戦では、ナチスの脅威に対抗するためにアメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領に原子爆弾の開発を勧告しましたが、広島や長崎でのできごとに心を痛め、戦後は核戦争の危険性を除去するよう熱心に訴えました。


“In the middle of difficulty lies opportunity.”は、このように世界に大きな影響を与えた彼が残した言葉です。苦境に立たされた時、多くの人はそこで心が折れて諦めてしまいます。しかしアインシュタインのように、偉人と言われる人は困難にぶつかったときに、その中にチャンスを見出し、挑戦することで成功を収めています。私たちも壁にぶつかっても諦めず、その中にあるチャンスを掴み取りたいものですね。


いいね!と思ったらクリック

このProverbの
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

このProverbの
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
アルベルト・アインシュタインの画像

アルベルト・アインシュタイン(独: Albert Einstein、1879年03月14日 - 1955年04月18日)は、ドイツ生まれの理論物理学者である。

(wikipediaより一部抜粋)

東進からのおすすめ

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > アルベルト・アインシュタインの名言
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール