ページを更新する ページを更新する

合格

2531人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
国際教養学部

no image

写真

宮田大輝くん

東進ハイスクール取手校

出身校: 江戸川学園取手高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 男子バスケットボール部 副部長

引退時期: 高3・5月

早慶上理難関国公私大模試

この体験記の関連キーワード

何があろうと前進し続けたことが成功の鍵

 僕は高校二年生の十二月に東進ハイスクールに入学しました。当初はどこの大学にも到底合格できそうにないような絶望的な成績でしたが、部活動を引退し、理系から文系へと転換し、志望校を定めてからはその志を成し遂げるべく毎日本気で勉強に取り組み、それまで何一つ勉強してこなかった国語と地理を重点的に学習していきました。受験勉強を始めて二か月ほどで一度大きく成績が伸びましたが、それからというもの、成長は停滞し十月・十一月ごろまで全く伸びませんでした。

大学受験を終えた今、振り返ってみるとあの三か月間が計八か月の中で最も精神のすり減った時期でした。そんな日々を過ごす中、自分を信じることはやめてはならないと自分に言い聞かせ、辛かろうと前を向き、成功の為に努力を継続しました。何があろうと前進し続けたことが成功の鍵となったと感じます。東進に入ったころは共通テストの三教科で54%という悲惨な結果でしたが、夏には70%、そして本番では86%を獲得することができました。ここまでの結果を残すことができたのは、よい環境に恵まれ、周りの数知れない人々にサポートをしていただき、そのすべての上に自分の努力があったからこそだと思います。

これから受験を経験していく人たちには、常日頃から感謝の気持ちを忘れることなく勉強に励んでほしいと思います。人生ひとりで成せることの方が少ないのです。僕はこれから四年間大学で勉強するにあたり、学費があまりにも高額で両親に頭が上がらないので、将来世界の舞台で活躍するという志を成し遂げるために勉学に重きを置き、実りのある大学生活にすべく尽力していきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試などの結果が好ましくなくても励ましてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

力を測るのに最適。復習をちゃんとやれば伸びる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自宅と高校から最も近かったため。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

一週間の振り返り

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

不屈の精神が身についた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

継続は力なり・大器晩成この二つを信じて勉強を続けた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

受験を乗り越えた先の人生

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

英検の合格をきっかけに本気で目指すようになった。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分の内面を形成する大切な経験

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

世界で活躍したい。その方法はこれから探ってゆく。

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導
週に一回のチームミーティング等で自分の勉強について振り返る機会を設けることができた。

志望校別単元ジャンル演習講座
入念に志望校対策をすることができた。

東進模試
自信をつけることができた。

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12