ページを更新する ページを更新する
ページを更新する ページを更新する
google

カスタム検索

東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ
東進ハイスクール・東進衛星予備校からのおすすめ

学問は一種の経験であり、経験はまた一種の学問である。

渋沢栄一(実業家)

渋沢栄一(実業家)

この言葉は幕末期から昭和初期にかけて活躍し、近代日本経済の父と称される実業家、渋沢栄一の言葉です。

その偉業が認められ、2024年7月からは新しい一万円札の表面に彼の肖像が刻まれることとなりました。

この言葉は、「学問と経験が互いに不可分であり、どちらも重要であること」を意味し、「互いに良い影響を与え、より深い成果を生むこと」を示唆しています。


渋沢栄一は、日本初の銀行を設立し、「東京株式取引所」として知られる公的取引所を創設するなど、500を超える企業の支援や多岐にわたる会社や経済団体の設立・運営に関わりました。

これらの功績が彼を近代日本経済の先駆者として位置づける所以です。

若き日、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜に仕える幕臣として、渡欧してフランスを視察した経験があります。

この経験から「経験こそ学問の母」と語ったとされ、その後も91歳で亡くなるまで、学びと経験の両面に重きを置き、日本の繁栄に尽くしました。


渋沢栄一の言葉は、現在勉強に励む中高生のみなさんにとって、「学問」という学びが重要な経験をもたらすことを示唆しています。

勉強の過程で得られる成功や困難もまた、人生の貴重な経験となるでしょう。

勉強に苦しんだときには、渋沢のこの言葉を思い出し、それが成長につながる経験であることを信じてください。


いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

いいね!と思ったらクリック

この格言の
コメントを書く/見る

みなさんの声を
お聞かせください

当サイトでは、サイトの内容に関する感想や、Proverb・格言に関する心温まるエピソードを募集しております。ぜひご投稿よろしくお願いいたします。

このProverb・格言にコメントをする

選択してください

※必須




ペンネーム

※任意


コメント


※コメント後、反映までにお時間がかかります。
※誰かを著しく傷つけたり攻撃したりするような、コメントポリシーに反するコメントは掲載されない場合があります。詳細はこちらのお知らせをご覧ください。

寄せられたコメント

閉じる

×
渋沢 栄一の画像

渋沢栄一

渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、天保11年02月13日〈1840年03月16日〉 - 昭和6年〈1931年〉11月11日)は、日本の豪農、武士(一橋家家臣、幕臣)、官僚、実業家、慈善家、華族。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。

(wikipediaより一部抜粋)

渋沢栄一のその他の格言

□もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である。

東進からのおすすめ

人物リスト

あ行の人物

か行の人物

さ行の人物

た行の人物

な行の人物

は行の人物

ま行の人物

や行の人物

ら行の人物

  1. 東進ドットコム
  2.  > Proverb(ことわざ)・格言(名言)
  3.  > 渋沢 栄一の名言
LINE twitter Instagram tiktok Facebook メール