2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1501人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
商学部

no image

写真

岩井わかなさん

東進ハイスクール青葉台校

出身校: 日比谷高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: 水泳 副部長

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

自分の心の支えになるのは今までの自分の頑張り

 最初に一橋大学を意識したのは文化祭に行ったときです。文化祭はその学校の校風や雰囲気を知れるうえに、学生の方の受験期の模試の結果が見れたりするので行ってみるといいと思います。また、東進の担任助手の皆さんがいろいろ情報をくれたのもありがたかったです。

一橋は問題が特殊で、過去問を何度も解いて問題の傾向を知ることが大切なので、東進の過去問演習講座はすごく便利でした。過去問を解くうえで気を付けていたことは、どうして自分がその問題を間違えたかを大きな視点で見てそれ以外の問題にも利用できる考察をすることです。これをすると、問題の傾向もつかめるし自分がどんな間違いをしやすいのかもわかるのでお勧めです。

受験期は、不安になったり情緒不安定になります。そういうときに自分の心の支えになるのは今までの自分の頑張りです。私立とか滑り止めとかを受ける人もいると思いますが、やっぱり直前は第一志望に時間を多くかけたほうがいいと思います。頑張ってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

色々な大学の情報を知っているため、受験校を決定する上で助かった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

メンタルケアをしていただいた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験同日体験受験

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

一年前の自分の実力と同じ志望校を目指している人たちの中での立ち位置を把握できたのでよかった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

林修先生が有名だったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

毎週楽しみにしていた。勉強の息抜きになったし、切磋琢磨して受験を頑張れたと思う。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部員全員で困難を乗り越えるという経験を積むことができた。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

千題テスト

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

友達との雑談。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

第一志望校への気持ち。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

大学の建物が気に入った。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

大切。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

幸せな家庭を築くことです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
過去問演習講座は10年分の過去問を演習でき、三回まで添削してもらえるのが良かった。

高速マスター基礎力養成講座
通学時間に効率的に学習できたのでよかった。

担任指導
優しかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 一橋大対策数学 】
先生の解説が分かりやすく非常に良かった。

【 西きょうじの飛翔のための英文読解講義(応用) 】
文構造を学ぶことができた。第一志望の過去問演習をするうえでの良い土台作りができたと思う。

【 現代文記述・論述トレーニング 】
文の作り方がわかってよかった。

 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11

林修先生

現代文記述・論述トレーニング

最高レベルの記述・論述答案を仕上げるハイレベルトレーニング

難関国公立大を目標とした、ハイレベルな講義を展開します。国公立大の標準的な記述問題から、超難関レベルの問題まで段階を踏んでレベルアップし、独学では学習しづらい現代文の記述問題を、難関突破の切り札にできるまでに諸君を鍛え上げます。東大・京大志望者はこの講座を受講した上で、「東大対策国語」「京大対策国語」に進むと効果的です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:難関国公立大二次試験レベルの記述対策が必要な生徒