合格

ぞくぞく公開中!1550人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京理科大学
理工学部

no image

写真

千島悠生くん

東進ハイスクール川越校

出身校: 川越高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: ラグビー部

引退時期: 高3・10月

この体験記の関連キーワード

自分に必要な部分や足りない部分を明確にし、その後の勉強の質を大幅に上げることができた

 僕は東進に入ったとき、数学と物理、化学が全くできない状況下にありました。しかし、東進の授業を受講することで、それらの教科を基礎から学び直し、高いレベルにまで持っていくことができました。

特にコロナ期間には、多い月には45コマ程度の受講も行い、とてもスピーディーに学習を進めることができました。また、夏の早い段階で共通形式の演習や志望校の過去問に挑戦することで、自分に必要な部分や足りない部分を明確にし、その後の勉強の質を大幅に上げることができました。

さらに、高速マスター基礎力養成講座や志望校別単元ジャンル演習講座などの、授業以外の東進コンテンツも積極的に利用しました。中でも、単元ジャンル演習では、AI によって分析された自分の弱点を、様々な大学の幅広い問題を大量に演習することによって補強することができ、自分の受験勉強のなかでも一番効率の良い学習ができたと感じています。

これらの、東進が提供してくれる学習コンテンツを最大限に利用することで、高2の2月の共通テスト本番レベル模試では5割程しか取れなかった自分も、共通テスト本番では、8割5分という好成績を収め、東京理科大学理工学部経営工学科に合格することができ、本当に嬉しかったです。

大学に入学しても、受験期に負けないぐらい努力し、自分の興味に関わらず様々な経験を積んで、できるだけ多くのことを吸収したいです。また、勉強以外のことも精力的に行い、充実したキャンパスライフを送りたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

忙しそうなときでも、嫌な顔せずに対応してくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

通ってる学校のOBだったので、相談がしやすかったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

成績返却がとにかく早いので、復習や今後の対策が立てやすい。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分で時間割を決めて、部活などと両立しながら学習できることに魅力を感じたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

似た目標を持った集まりだったので、勉強の不安などを打ち明けやすかった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活や行事を楽しむことで、勉強のストレスの解消に繋がった。部活では、献身的であることの大切さを学んだ。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

自分がなぜ勉強してるのかを思い出すことで、モチベーションを上げた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分がなぜ勉強してるのかを思い出すこと。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

研究機関としての立ち位置や、校風がとても良いと感じたから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛いけど、やればその分だけ成果が出るもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

僕は大学で経営工学というものを学ぶ予定ですが、それを用いて、日本や世界の経済を動かすような人間になりたいです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 PART1 】
やまぐち健一先生の軽快なトークによって、それまでつまらないと思っていた物理の面白さや魅力を強く感じることができたから。

東京理科大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1